(ペスト・ジェノヴェーゼ)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基本特性:非存在的実存
拡張特性:なし
調和:空中レジスター
さよならユニバース
連絡
ぐるぐる
この世の果てまで

『最凶の代替特異点』、『存在感のある無』、『悪魔の証明』、『外太陽の怪異』、『暗黒物質』、『正体無し』と呼ばれている。

向こう側における、『現在』と『維持』の特異点にして、『虚無』の代替特異点。
世の中には有と無があるのではなく、有と(ペスト・ジェノヴェーゼ)があるとすら呼ばれている。(ペスト・ジェノヴェーゼ)は真空に常に潜んでおり、他の代替特異点の動向を探っている。(ペスト・ジェノヴェーゼ)は存在しているモノを他の代替特異点以外は知覚できない。

明滅する幾何学模様のプリズムの蜃気楼的形態として顕現する。それに実体はない。激しく点滅を繰り返し、見たものに強い刺激を与え、時には発狂させる。

(ペスト・ジェノヴェーゼ)にとって何もない空間こそが全てであり、向こう側の世界をパスタ・スポーンであふれさせた(アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ)は憎むべき大敵。

使役するパスタ・スポーンは周りのものを巻き込んで消滅する漸減系のパスタ・スポーン。

普段はアボ-キー星系の外側の未発見の惑星に潜んでいる。