フロンティア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リズ連邦でギガース完成の前段階にあった人体実験。
当時「科学的に良くわかんない鉱物」とされていたアームコアを「とりあえず人間の身体に入れてみよう」という興味本位のような理由と、アンダー・サンライズの「アームコアは人体と過剰反応し、新たな生物を生み出す」(現在ではおそらくこの過剰反応は覚醒に近いものだといわれている)と言う仮説に基づくもの。
しかしハイコストであまり結果が得られなかったためあっという間に計画は廃案となった。

名前の由来は自分たちが新たな人類を開拓(フロンティア)するという意志に由来するが、その実験体は殆どが無理矢理連れてこられた幼い少年少女であった。