ラグナロク


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

製造:菊田重工×村井研究所
所属:無所属
武装:アームホーン・レーザー砲

菊田重工と村井研究所が共同で開発した惑星外探査時代の代表的ファントムセブンシスターズ
自尊心と自己顕示欲が強く、自らを『最強のファントム』と称している。
なぜかデウス・エクス・マキナの事を嫌っており、村井 雪那操るリアルメシアに敗れるとき、「デウス、貴様か」と呟いた。

そのボディーは惑星と融合しており、惑星の生み出す半永久的なエネルギーで活動し、全てのパーツはアームホーンで構成されているので、リアルメシアのAH自壊粒子砲も受け付けない。
武装は全身のレーザー砲で、四方を囲む敵を不動のままに全滅させ、さらに周囲を小型ファントムウートガルザ・ロキが周回している。


リアルメシアのイグニカによって消滅。自我は残っていたが―イグドラシル―誕生時にユグドラシルへ吸収され、その消滅を共にした。
ネクストエイジ反特異点事件では追憶の扉において第二次ラグナロク襲来の際と全く同じ姿形、スペックで呼び出したセリア・ローレライと戦い、彼女の特異点的能力を引き出させ、さらに勝利の剣を渡して完全に消滅した。
ラグナロクがこんな行動に出る理由はローレライが最も現特異点の中でラグナロクが教えるに値すると考えた相手で、ついでに変態したエクジコウであるアイリーン・サニーレタスの野望である春暁 菫暗殺をアイリーンに対する嫌がらせのため止めたかったというのがあった。
ローレライが勝利の剣を持っているのを見て、アイリーンは「ラグナロク、貴様か」と呟いた。