ジョージ・ゲオルギウス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

性別:男
所属:聖ガリア教会
職業:特異点

ガリアの聖戦士と呼ばれるガリア教で最も有名な殉教者。二代目の「現在」の特異点。

異教徒としてガリア教が弾圧されていた時代、地下の洞穴にあるガリア教の中で最も巨大な集会場がガリア王国の国王率いる軍隊に攻撃されたとき、一本の銀槍だけでガリア教徒の逃げる時間を稼いだ騎士(実際は僧兵)。
ガリア教徒を逃がした後、ガリア王は彼の戦いっぷりに感嘆しガリア王国への従軍を勧める。
しかし彼は「私は自由な信仰のために戦うのであり、不自由かつ理不尽な弾圧を勧める世界のために闘いはしない。なぜならば、私は自由を愛するガリアの徒だからである」と、一蹴。
そののちもう一度戦闘は始まり、合計でガリア軍隊の三分の一を道連れにした。
死してなお彼の身体は倒れず、洞穴の入り口に仁王立ちで居座った。

彼のこの伝説はあまりにも畏怖深く、有名である。