ホズフォン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

型番:UET-007
製造:U.E.T
所属:U.E.T
武装:アームホーン・S-55レーザーキャノン・デルミスコライダー・ホワイトピック・ソフラン・ハーモニーコンバーター
パイロット:ケナー・ポマレリ

U.E.Tの開発した試作強襲用アームヘッド
ホズピタスの後継機であり、外観には原点回帰の意味も込めて先祖機体であるメトロノームの要素も見られる。

特筆すべきはそのパワーと装甲で、その巨体を駆使した接近戦では無類の強さを誇る。
旧機体で致命的だった機動性も多少改善され、通常機体程度の運動性は確保している。

右腕の大剣・デルミスコライダーは切断する事よりも、衝突させて相手を砕く事に秀でている。
両腕にあるホワイトピックは甲虫の爪のようになっており、武器を失った際の格闘戦でスパートをかける為に装備されている。

また、試作兵器である浮遊遠隔操作式対地用砲台・ソフランをリモコンで操作することが可能。
アームヘッドとの同時操作は不可能と思われたが、パイロットであるケナー・ポマレリとホズピタスに限っては二つの意思によってアームヘッドと砲台の両方を操作する事が容易である。

追加兵装としてハーモニーコンバーターがあり、これは調和のエネルギーを、能力として発動するのではなくエネルギー弾に変換・射出する試作武器である。
ただし当時の研究者は調和能力の原理を把握しておらず、この機体で運用する事自体が一つの実験である。

ケナー・ポマレリ専用機として開発されたようにも思えるが、赤く塗装された一般仕様機も存在する。

モチーフは甲虫であり、ホズピタス本来の姿により近いものとなっている。

アームコアにはリムーの守護者の一体、ホズピタスが使われている。
添付ファイル