トメラメル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

製造:不明
所属:リズ連邦軍
武装:アームホーン・ヒートカッター・レーザーライフル・アシッドスコール・ジュエルクラック・ダイアモンドカッター・レインボゥフラッシャー・レインボゥスモーカー・ラストシューター
調和:ゲヘナークレヴァス
パイロット:アリエール・エラテン

リズ連邦により開発されたアームヘッド
全身に鮮やかな宝石のような発光器がちりばめられており、対し灰色の体と黒い翼を持つ奇怪な姿をしている。

性能は特殊であり、威嚇・撹乱向きの武装を多数持ちながら、純粋な戦闘用として利用できるだけの基本性能を持ちあわせている。

最も特徴的な武装が、全身の発光器・レインボゥフラッシャーである。
これは強力なエレクトロニック・フラッシュを高速で点滅させ、相手のカメラの認識を狂わせ撹乱したりモニターを見えなくしたりする妨害が出来る。
また敵パイロットに光過敏性発作を起こさせるための直接攻撃にもなる。
その際、トメラメル内のモニターからは、特殊明視カメラに切り替えてある為に外部は通常通りに見える。

ヒートカッターはその名の通り、高熱で敵機を切断する接近武器である。
コトレインのレアメタルプレートを流用して作られているため、熱耐性が高く、カッター自体が溶けることはまず無い。ただし、敵の装甲の熱耐性が高いと全く使い道が無いという弱点もある。

巨大な傘のような兵器・アシッドスコールは、高速回転する傘から強酸の雨を降らせる凶悪な武器である。
敵はおろか、味方や自分自身を溶かしてしまう可能性を孕んでいる。

また、ジュエルクラックは自身の発光器を射出し攻撃する隠し武器である。
発光器内にも強酸が仕込まれており、敵にぶつけて飛び散らせ広範囲を溶かす事が可能。

拳に隠されたダイアモンドカッター、黒い翼から七色の煙幕を放出するレインボゥスモーカー、胸の発光器からレーザーを発射するラストシューターなど、敵の意表を突くための兵装が多い。

手先はマニピュレータではなく、洗濯バサミのような形状になっている。これはイーフェメロに真似されている。

アームコアにはリムーの守護者の一体、ベドニーゼが使われている。


アリエール曰く、極彩のボディは様々な色を持つ世界そのものを表し、漆黒の翼は堕天使を表す。つまりトメラメルは『堕ちた世界』を表し、それを駆る者は世界を動かし導かせる者である。・・・との事。
添付ファイル