オメガフォール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アザーフォビアの地下に確認された空間(施設のようにも見える)内で発生した怪現象の通称。

アザーフォビアの調査の為に派遣された強行偵察用アームヘッド部隊がその地下に空間を確認するも、
同部隊はこの領域に侵入を試みた直後に一切の通信が取れなくなり、行方不明となった。

部隊が最後に作戦本部に残した映像記録には、
何らかの施設らしき壁面の調査を行っている最中に空間が暗転、
その直後隊員達の悲鳴と共にカメラにノイズが走り、最後の一瞬に"不可解な怪物"が記録されていた。

また別の隊員が携行していたカメラにはこれと違った内容が収められており、
同じように空間が暗転した直後、何処かの浜辺と思われる地点に移動するが、
そこに広がっていたのは"紫色の空と銀に輝く海"であり、パニックに陥る隊員達の声が響いた直後に映像が途切れていた。

この不可解な事件以降、アザーフォビアを防衛していた生体兵器群が一般区域にまで襲撃を行うようになり、
現在では人間の住む領域とアームヘッドの領域の双方が被害を受けている状態にある。