時間の特異点の純度


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

時間の特異点には純度がある。
時間の特異点は人間であり、その人間が外傷が死因で亡くなったとき、「特異点へと進化する可能性」がある程度その可能性がある人間にあらかじめ撒かれる。
(例)特異点になれる可能性を数値で表した場合(最高を10とする)
  A・1
  B・1
  C・1
  D・4
  E・3
この場合、最も高いのはDだが、純度4の時間特異点が発生する。
また、発生したあとも可能性はそのままで、かりにDが死亡した場合、Eが特異点となり、時間の特異点候補者が死んだ場合は可能性が他の候補者に鞍うつりするためEは7の特異点へと変化する。
またその可能性は次世代の新能力者の発生によって奪われることもある。