レインディアーズ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アームヘッド最終反乱から約三ヶ月後、アームヘッドと人間の間で創設された共同対策機関。
何か大きな問題が発生した場合、それに共同して取り組む事を目的としている。
彼らが自らの武力の高さを示した四回戦のデスマッチは有名。

『上層部』と呼ばれる課を最高司令部とし、
その下に実戦力として多数のファントムやパイロットが所属している。
メンバーはアームヘッドと人間双方の領域にも特別職権で立ち入る事ができ、
これは乱用されることが多いが、特に大きな問題も起きていないので黙認されている。
(人間のメンバーがファントム側の領域に散策に赴く程度)

加入した者には本部内に存在する個室住居への居住権も与えられるが、
これを利用しているメンバーは全体の三分の一ほど。
主な使用者はエマ・チャーチアイリーン・サニーレタスなど。

メンバーの心身に対する配慮も高く、慰安として宗教会なども認めている。
また公的機関にしては異様に人員が少ないが、これは一人ひとりの能力が高いために少数精鋭主義を
基本としているためである。

公的機関でありながら独立性が強く、人間とファントムのどちら側にも一定の距離を置いている。
これは『上層部』の掲げる 「我らは公安の僕、公正たる刃」 という思想に基づいている。
自らの上役にあたる権力者の汚職までも糾弾するその姿勢は、各勢力によって評価が一定しない。

ヒリングデーモングランジとはそれぞれ対立と中立の立場にあるが、
前者は十分に対応しきれていない政府に代わり地方を非合法ながら統括していることへの配慮、
後者は場合によっては協力を求めることができる事情もあり、積極的に敵対する態度には出ていない。

最終的にその独立性を政府に疎まれ、新光皇暦2046年に壊滅に追い込まれるが、
その後残った元メンバー達が再び集い、今度は完全に政府からも独立した非政府組織として復活を遂げることとなる。
またそれ以外の元メンバー達は、政府に裏切られたことで未だに活動を続けるヒリングデーモンへと身を寄せた。

第一次レインディアーズに所属していることが確認されたメンバーは以下の通り。
また、創設当時から所属しているNo.13までのメンバーはオリジナルXIIIと呼ばれる。