ライフ・サイズ・ライフ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

もとはアームヘッド学校に通う若者たちの間で使われていた言葉で、「マキータ・テーリッツのように若くして最強のアームヘッドパイロットになる」というような意味合いがある。
しかし原義は「どんなに這いつくばっても自分の信じた道を歩く」という意味であり最初に使ったのはアームヘッドパイロットのマリー・サブヒューマン・プライマーであり、彼女がマキータ・テーリッツのファンだったため上記のような意味合いへと変化した。

アームヘッドパイロットたちの友情と切ない恋、そして青春の終わりを描いた同名の大ヒット映画もある。