バンシールCST


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

製造:U.E.T
所属:U.E.T
武装:アームホーン・水圧レーザー砲×14・エレクトドメイン=クロウ・エレクトドメイン=ピック・ツインブースター
パイロット:ルチネ・ウケコビッチ

ルチネ・ウケコビッチ専用に改造されたバンシール
「CST」とは単にカスタムの略であり深い意味は無い。

大きく改造されており元機体との共通項が少ないようにも見える。
背部には通常のスラスターを3倍に増やしたものに加え、補助ブースターと燃料タンクとエレクトドメイン=ピック発射装置を兼ね備えたツインブースターを外付けで装備しており、速度に身を任せた戦闘を行う事が出来る。

エレクトドメイン=クロウは、近接戦闘時に敵を捕縛し、高圧電流を流し込む武装で、
エレクトドメイン=ピックは、ツインブースター噴出孔付近から特殊金属の杭を推進力でばら撒く武装で、クロウとの併用でより広範囲の敵に、より警戒されずに電撃の罠を仕掛ける事が出来る。

またツインブースターは切り離す事が出来、非常時には敵に向かって射出できる。
この巨大ブースター技術がのちのロケット開発に役立った・・・わけではない。
添付ファイル