カッツオ・ニールファット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

性別:男
所属:パプリカーン
搭乗機体:EZEZ04

テログループ「パプリカーン」の副官的役割を担う。
コードネームは「一番ダシ」。

実はブレジン・ニールファットの実父である。
出世の為なら手段を選ばない性格で、家族を顧みず仕事に没頭した結果、妻には浮気され、また自身もプラント帝国軍を裏切りリズ連邦軍に渡ったりもした。
リズ連邦軍では民間人(特に実験台)の勧誘の仕事を引き受け、ケナー・ポマレリなどを引き入れたりもした。
そういう面では活躍していたが、他人を蹴落とす生き方から敵を作ってきたので同僚に裏切られ、あまり出世できずに軍を辞めさせられた。
しかし皮肉にもパプリカーンでは役職的に出世したといえる。

背が中学生の平均程度しかなく、またかなりの猫背である。
見かけによらずエリートのような生き方だがアームヘッドの操縦技術もエリート・・・かもしれない。