徒骸


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フリガナ:トモガラ

最近になって各地に出没するようになった、新たなる脅威。
絶対数こそ比較的少ないものの、神徒以上の凶暴性と個体ごとの戦闘能力を併せ持ち、非常に危険。
稀に依型神徒のように、他者を搭乗させる機構を持つ個体も存在する。

外見は個体ごとに大きく差があり、共通して持つ特徴は少ない。
強いて言えば、どの個体も体の何処かに結晶体のような"核"を持つという点がある。

その正体は、特異点の三人によって自暴自棄から来る破壊行動さえも阻止され、
ついに衝動を抑えきれなくなったパンスペルミアが、神徒を真似て生み出した怪物。

神徒が死者の思念を「生けるバイオニクルフレーム」として実体化させた存在であるのに対し、
こちらはパンスペルミアが今まで取り込んだ無数の思念から1つを取り出して使用、実体化させて創造される。

アームキルを受け付けない性質を持ち、撃破するには物理的に殲滅するしかない。
しかし殲滅された個体は再びパンスペルミアに還元されてしまう為に、完全に倒す事はまず不可能である。
ただし依型神徒に撃破された場合のみ例外で、この時はその身体に『封印』されてしまう為に思念に戻ることが出来ず、その場で動かなくなる。

ただし思念同士の繋がりは断たれていない以上、パンスペルミアを構成する思念の絶対数は変わらない為、
結果として彼自身の存在に影響を及ぼすことはない。
また『封印』された個体に別の個体が接触すると『封印』が崩壊し、やはり還元されてしまう。