ストーリー解説:新光皇暦初期~1990年


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

舞台となる惑星『ヘブン』では、基本的には『新光皇歴』という年号が使用される。
実質的に『新光皇歴』が私達現実世界での『西暦』にあたる。
(新光皇歴1990年=西暦1990年のような認識。 以下その認識で年代を表記する)

ちなみに此処ではキーとなるイベントをまとめている。

年代不明: 「旧世界」及びアースの滅亡。
      ブラザーフッドの首領格だったとあるバイオニクルの個体が、
      世界を維持するシステムである「主神」を乗っ取るべく干渉したことでバグが発生。
      世界に「 カタクリズム 」と呼ばれる大災害が発生し、世界そのものに多大な損害を及ぼす。
      生命の殆どが死に絶え、「主神」までもが機能停止したことで世界は緩慢に壊死を始め、
      最終的に「世界」として存在できなくなり消滅する。

年代不明: 「この世界」の誕生。
      バイオニクル達の主惑星から、思念だけになりつつも唯一生き残った個体『エクジコウ』が、
      世界や宇宙空間を超え、別世界の惑星『ヘブン』を発見。(この時すでに何らかの生命の痕跡があった)
      憎しみと絶望から、そこで新たな世界と文明の種を撒き、成長した「創造物」を自ら滅ぼすことを企む。

年代不明~: 成長した新たなバイオニクル達が、再び戦いを始めながらも日々を過ごす。
      この間、幾度か姿と手段を変えてエクジコウが文明破壊(カタクリズムと総称される)を試みるも、
      予想以上に「新たなる世界」として成長した彼らにすべて返り討ちにされる。

年代不明~: バイオニクル達は永い時のなかでの進化の結果として、
      より脆弱な肉体ながらも様々な可能性を持つ、新たな存在へと変化を始める。
      これがこの世界の「 人間 」であり、進化できなかった個体はアームコアとして暫しの眠りにつくこととなる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

0年: 何らかの原因により、世界が再建される。
   この時点で既に「人間」による世界が完成した。

1500年頃:ディアマイロード』。
   東プラント王国国王、ヴァイス・マキータ・プラントが首脳会議にて各国の要人を抹殺。
   同時に新国家"神聖プラント帝国"の建国を宣言し、間もなく実現させる。
   その真意は、バイオニクルの世界から既に存在している一種の「神」である『 偉大なる者達 』から伝えられた、
   『 500年後の大天災 』の阻止。
   (この大天災もまた『カタクリズム』。実態はエクジコウによる巨大隕石墜落作戦。
   またヴァイス自身の魂は、その後も代々の皇帝に宿り続ける事となり、
   500年後の皇帝であるテリダクシアも実質的には彼と同一人物である)

1950~80年頃:アームヘッドジェネレーション』。
     菊田 五右衛門が、友人の村井 平幸の支援を得て菊田重工を設立。
     ほぼ同時期に村井も自ら村井研究所を設立、アームコアの研究を独自に進める。
     (なおこの時点で、二人は幼少時代のゼニ・ガッポと面識がある)

     そして1980年頃、村井が遂に人型機動兵器" アームヘッド "の開発に成功、
     それに続くようにして菊田重工が研究開発を進め、ファニオシリーズを開発するが、
     その後五右衛門が謎の過労死を遂げる。

1985年: ウェステニィアでクーデターが勃発。
    新国家" ウェステニィア共和国 "が成立する。

1987年: ウェステニィア共和国に神聖プラント帝国が宣戦布告。
    リズ連邦がウェステニィア共和国と同盟・参戦し、 アームヘッドを初めて実戦投入する。

1990年頃: 後に"ゲームマニア集団脳死事件"と呼ばれる事件が発生。
   パンチャーデッド社が『脳波と波長を合わせ、全感覚で楽しむ』というコンセプトの下開発した
   新作ゲームのテストβver.をプレイした世界各地のプレイヤー達が集団脳死し、
   更に遺体は全て死因解明の名目で何処かへと回収され遺族の元へ戻る事は無かった為に
   前代未聞の怪事件として世間を騒がせたが、迷宮入りとなり時間経過と共に忘れ去られる。

   この事件の黒幕は、後に事件を引き起こす事となる"ヒルドールヴ社"である。
   当時の社長リオン・ヒルドールヴの『人間のアームヘッド化』悲願の下、
   『人間の脳をアームヘッドの身体に移植する』実験の為に脳の調達を行ったのが真相。
   当然ながら本当に脳死されると使い物にならなくなる為、死亡したと思われていた被害者達は、
   実は深い仮死状態に陥った状態にあり、その後回収されサンプルとして軟禁された。 
   しかしサンプルは入手したものの肝心の技術が研究開発に追いついておらず、
   自らの悲願の達成を見ることもないまま、リオンはその後死亡する。
   (リオンの悲願は、彼の娘であるリトゥナ・ヒルドールヴが受け継ぐ事となる)