ストーリー解説:2010年~2030年


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2014年~:SUBARMHEAD』。
   危険アームコアの探査と旅行を目的に、言左右衛門は妻となったアイネアスと
   TCWのメンバーでもある守野屋 スーと共に、
   アームコアの名鉱場として知られる東アイサ地方、通称"暗黒大陸"を訪れていた。
   一時休憩し、とあるビル内の食堂で食事を取る三人だったが、
   守野屋が"見覚えのある人物"と遭遇、真偽を確かめる為にビルを出た直後、同ビルが爆発。
   "見覚えのある人物"こと板利 黄盾(嘗ての守野屋の友人)のテロ行為により、
   まだビル内の食堂に居た言左右衛門とアイネアスが爆発に巻き込まれ、死亡する。

   その後TCWの調査により、アプルーエ連合王国に本社を置く大企業『ヒルドールヴ社』が、
   裏で板利の所属する巨大テロ組織"スリーピィヘッド"の支援を行っている事が発覚。
   TCWはヒルドールヴ社に対立する姿勢を強め、
   また菊田重工からも戦闘要員として精鋭パイロットチーム『ラストワン』が派遣される。

   しかし突如、菊田重工本社にヒルドールヴ側の"人間型アームヘッド"が複数襲来。
   TCWと菊田のパイロット達の迎撃も虚しく、言左右衛門の父で天才的開発者でもあった
   現社長・菊田 武蔵がヒルドールヴ本社へと拉致される。

   現ヒルドールヴ社長・リトゥナ・ヒルドールヴは、
   拉致した武蔵に自身をアームヘッドに改造するよう要求。
   拒否する武蔵だったが、直後に吐血し更に何処か嘆願するかのような彼女の態度に何かを感じ、
   最終的に彼女を殺害する事もなく、導かれるように処置を決行。
   彼女を『リヴィングフィールド』と呼ばれる類人間型アームヘッドに変える。

   一方TCWとラストワンは、武蔵救出とヒルドールヴ本社への突撃を同時に決行する事を決め、
   人間型アームヘッドへの対抗策として、武蔵が開発していた別コンセプトの人間型アームヘッド
   "ルーンズ"の出動・作戦協力を要請、彼女たちはこれを承諾する。

   また村井研究所が、支援として特殊部隊"マーダーエンゼル"を派遣する。
   更に以前からヒルドールヴ社の圧力に脅かされていたアプルーエの企業や政治家達が、
   アプルーエ国内での 作戦行動の一切を黙認する 事に決定し、舞台は整う。

   二日後、TCWを中心とした連合部隊が『 リトルバスターズ作戦 』と命名された同作戦を決行。
   ヒルドールヴ社は保有戦力や人間型アームヘッド、
   更には『アウターゴッドギガース』と呼ばれる特殊ギガース四体も撃破され、
   遂に崩壊寸前にまで追い込まれる。
   そしてラストワンと共にリトゥナの許に辿り付いた旬香だったが、
   そこでリトゥナの搭乗する『HILDOLV』が"サードアイ"を発動、
   旬香の駆るオーディン以外の機体を行動不能に陥れる。

   何故かサードアイを無効化したオーディンとHILDOLVは、互いに一対一での戦闘に臨む。
   結果HILDOLVはサードアイ発動の"核"である額の"第三の眼"を貫かれ敗北するが、
   それとほぼ同時のタイミングで最後のアウターゴッドギガース『ヨグ=ソトース』が暴走。
    ヒルドールヴ本社ビルそのもの であるそれは、
   旬香達の居る部屋の壁や天井から触手を伸ばし、リトゥナのHILDOLVをも攻撃する。
   何かを悟ったリトゥナは崩壊寸前のHILDOLVを駆り、旬香の乗るオーディンを最深部へと導く。
   そして旬香が、其処に設置されていたヨグ=ソトースの動力源であるアームコアをキルし、
   ヒルドールヴ本社ビル(ヨグ=ソトース)が遂に崩壊、壊滅する。

   だが、何故かリトゥナとHILDOLVの両者は、本社崩壊と共に残さず行方不明となり、
   "二人"の行方はそれ以降、一切知れることはなかった。
   (本当は両者共に『いつか二人で行く約束をした』トンドルの月に居る。
    実はプロローグの終盤に描写されている が、最後まで読み終えないとそうだと解り難い)


2029年~:プレジャー・ソング』。
   死亡した言左右衛門の親友だった山田 太郎の息子・山田 テルミと、
   『アームヘッドの解放』を目的とする武装勢力"全領域支配皇"に属する人間型ファントム
   ウィノナ・サニーレタスの二人を中心に展開していく物語。

   全領域支配皇の指導者"エクジクト・ナウ"の命令通りに、
   テルミとその愛機『ラスト・ダイナソー』を引き込む目的で彼に接触するウィノナだったが、
   そこで味方幹部である筈の者が勝手に破壊活動を行うという緊急事態が発生、
   咄嗟にテルミと共に同機に搭乗し出撃した事をきっかけに全てが変わりだす事となる。

    『Angels with dirty wings』。
      『DIRTY WINGS』の直接の続編。
      『プレジャー・ソング』とほぼ同じ時間軸だが、少なくとも2030年以降である。

      前作最終話にて撃破され死亡したロバートによく似た青年クルト・マイノリティーが、
      御蓮のとある高校に転校生としてやって来たところから物語は始まる。

      授業中でも堂々とヘッドフォンで音楽を聴き、挙句持ち込んだギターを引き出す彼は、
      その二年後、嘗てのクラスメイトであり結婚を控えた恋人を残して行方を眩ます。

      悪戯したのは神か、もしくは悪魔か。
      クルトの中で、" "が目醒め始めていた。

2030年:アームヘッド最終反乱 』勃発。
   菊田重工の人型ファントムルーン・エイワズがテロ組織全領域支配皇を結成、
   その指導者として「エクジクト・ナウ」を名乗り、アームヘッドの解放のため世界に攻撃を仕掛ける。
   この最中、エイワズが操る『アームヘッドの生命としての究極形』こと アビススカージ と、
   ティガー・k・テーリッツを消息不明にされたことで狂気に陥った秋那・テーリッツの操る、
   『アームヘッドの兵器としての究極形』、 セイントメシアアブソリュートオメガ が交戦し、
   互いにに機体もろとも行方不明となる。

2030年~:Hello,world...』。
   最終反乱の戦火を生き延びたセリア・オルコットはまだ世界を巡る旅を続けていたが、
   立ち寄った町にて黒い色をした神徒と遭遇、事態を飲み込めないままこれを撃破する。
   自身が誕生に携わる銀の神徒とは明らかに違うその性質を不穏に思ったセリアは、
   今回の事件の真相を探るために公的機関レインディアーズに入隊を志望し、
   トップの成績で合格し新入りの隊員となる。

   機関で出会った仲間との日々を、黒い神徒についての情報を探りながら過ごしていくセリアだったが、
   その内に自身が気付いていなかった心の闇を自覚するようになっていく。

   世界を巡る旅の、ほんの少しの休憩。
   その日々は、謎は、答えは、全て自分自身の『闇』へと繋がっていた。

2046年~: 公的機関レインディアーズが、その独立性を疎んだ政府に襲撃を受け壊滅。
   しかしその僅か数ヶ月後、残ったメンバーが集い第二次レインディアーズを結成、
   政府を含め何者からの干渉も受けない独立機関として活動を始める。