ノー・ワン・スピークス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

デイブ・グロリアの奪った三体の古代アームヘッドの総称。
この三体の封印を解くときに居合わせた北畠 華がその身に呪いを帯びる。

暗黒大陸の地中億深くに埋葬されていた三つの棺桶。
その精緻な装飾からオーパーツとして名高く、開けようとすると、ことごとく関係者が死亡し祟りとして厳重に管理されていた。
しかしデイブは菊田重工からの依頼でこれら三つを持ち帰った。
こじ開けた際の呪いを菊田重工の研究員は北畠になすりつけ、開けさせた。
しかし開けた際の衝撃で研究所は全壊。デイブはノーワンスピークスの三体に守られるようにして仮死していた北畠とこの三体を持ち帰り、三人の友人に贈った。

ブリーチネヴァーマインドインユーテロとよく似た特徴を持っていたり、ニルヴァーナドライブに近い能力をもったダイナドライブを搭載している。