ジャガー・ジョルノ・蘭


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

性別:女
所属:なし
職業:ドッペルゲンガー


ムスタング・ディオ・白樺の分身。"特異点制御"不眠妖精 」によって作られた分身が活動を続けたすぎたため個々の人格を持つようになった存在。複数人存在するが個々の記憶は共有せず記録としてのみお互いを認識している、常にジャガー・ジョルノ・蘭は一人までしか存在しない。不老であるが不死ではない、特異点としての形質を若干ながら持つがそれは自我が確立されるに連れて失っていくことになる。

ムスタング・ディオ・白樺は彼女の存在をひた隠しにしており、自分の能力の汚点だと認識しているが、彼女自身は大切な友人であり、行動をよく共にする。何人もジャガーを自分の為に犠牲にしたことを後悔している。


常にパジャマでいて、すぐに寝れるように備えている。枕もよく携帯しており、どこでも寝てしまう。それはジャガーがムスタング・ディオ・白樺の夢から生まれた存在であることの名残である。

よく指をしゃぶっている。
添付ファイル