未来彗星


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一万年に一度ヘブンに最接近する彗星。
この彗星の持つ自我が未来王(自我)であり、人間と動物の魂の安寧する場所第三世界を持つ。

正式名称はかなり長く、こちらの方が有名になりすぎてしまった。
元々はゴレンの世界的に有名な作家の同名小説で、未来彗星とヘブンを恋人に見立てて距離が互いを隔てながらも愛し合う二人を描いている。
また、名前も正確に書かれていないが「あの彗星がその姿を現す日まで一緒に居よう」と言う場面がある。

星としては巨大なアームコアでできており、自我もあり、最接近する日がもっともその力の強まる時である。
船団の旅立つ日にファイティングポーズが船団を襲うも距離的に顕現できず終わってしまうが、ネクストエイジになってその夢は果たされる。

その正体は B.T.N 光皇紀元前よりもずっとはるか昔に打ち上げられた人工衛星 で、正式名称は ボイジャー
なぜただの人工衛星がこんな存在になりえたのかは不明だが、ツバサ(恒星)になったことを考えると不可能ではないだろう。