特異点制御<シンギュラリティルーラー>


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

特異点制御の中でも桁外れの効力を持つ最大開放。
この能力のみ「未来」「現在」「過去」の3系統が存在する。
その力はそれぞれ一定であり、使用者によって効果が変化したりすることはない。

一度発動するとその特異点から因子が抜け落ち、人間に戻ってしまうリスクを有する。
だがその力は恐ろしく強力で、どんな手段を以ってしてもそれを覆すことは不可能に近い。
(これは特異点が、曲がりなりにも「世界の力」であることが原因と思われる)

また特異点の力は、それぞれが別々の 「本質」 を宿しており、
人格・性質がその 「本質」 に非常に近くなければ発動できない。

  • 果てなき旅路に花束を < フラワーズフォアワールド >: 「未来」 の最大開放。本質は 『求める意思』 。1つだけ自分の願いを叶えることができ、これはいかなる存在であっても妨害することは出来ない。また発動した際は、機体の背後に巨大な花弁を模した光の翼が展開し、更に搭乗者のリンクナーヴが全身に広がり、瞳が発光するなどの特徴が現れる。

  • ナウヒア「現在」 の本質。ただ、今ここに在るということ。

  • 信号が何色でも < スウィングゴッドガン・アイニードイットローデーモン >: 「過去」 の最大開放。本質は 『取り戻す意思』 。全歴史閲覧の情報を組み合わせ、新たな世界を構成する。その世界において次の特異点候補の素質を試験する。


  • 機械仕掛けの外なる神 < ハーモニーオブヘブン >: 「時間」 の最大開放。本質は 『新たな意思』