ルシファー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

属性:ネクストエイジ
製造:アサ王
所属: 明星の国
武装:アームホーン・硫黄と炎の鎧・明星の剣
パイロット:アサ王
調和:ノーブル・オブリゲーション

艶のある黒い装甲に灼熱色の赤いラインが入っているアームヘッド。
明星の国に代々伝わる英霊鉱(アームコア)、「暁王子」の自我がアサ王の意思と共鳴して顕現した姿で自ら自分のことをルシファーと名乗った。
過去のアビススカージのように幼虫期があった。
ノエル・ノーバディとの戦いまでは成虫にすることを隠していたが彼との戦いの際に解放。完全なものにした。
成虫後は「硫黄と炎の鎧(コロナ)」の上の黒い装甲が横にスライドし、なかから数億度の装甲が現れる。
鎧と同温度の「明星の剣(プロミネンス)」は空気を飛ばすことができ、灼熱の空気を遠くにいる相手に浴びせることができる。

死を迎える直前のアサ王はルシファーに国を今後も支えるように頼むがルシファーは「暁たる私を操作できる者はもう今後現れないでしょう」と断り、アサ王が息を引き取った瞬間アームコアともども白い灰になって彼の遺体に降り積もった。