第一世界


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

菊田 武蔵の提唱した世界論のひとつ。
いわゆる現世。
アームヘッド側から見た精神電脳世界のようなもの。
人類や動物が主な支配者として存在し、時折自我が介入する次元のこと。
自我が介入しすぎると次元が歪み、ノーズィアが発生し、さらにそれを放置するとその世界のその次元が破壊されると言われている。