ラジオ・フレンドリー・ユニット・シフター


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

製造:ノー・ワン・スピークス
所属: グランジ
武装:アームホーン・ダイナドライブ・フレンドリースピアー×2
パイロット:大野 友喜

ノー・ワン・スピークスの一つでダンゴムシに人の上半身が生えたような外見を持つ白と金のアームヘッド。
無数の足を動かして移動し、全身節足動物らしい殻のような装甲に覆われていて防御と移動性の両方を持つが殆どの人間が精神的な嫌悪感を抱いてしまう。
反して人の上半身のような部位は流麗で美しく、その両腕からは巨大でアームヘッドの全長よりも長い槍が生えている。
槍はハンドホーンで両端が円錐形をしていてその真ん中より後ろ寄りから腕が生えていて武器としての役割を担うが実際は二本一対の超強力なジャミング兵器で通信の妨害、傍受、レーダーの無効化からダミーを仕込むこともでき、戦場にある全ての無線機器と探索機械。ステルス中の機体や活動中の機体、果てはサポートの人員数まで全て知ることができる。
また、レーザー兵器やフィジカルライフル調和使用時の音を聞き分けることもできるがジャミング中などは主に両手を上げたバンザイポーズなので目立つ。そしてその体勢のまま逃げる(ジャミングは有効なので)姿が周囲の精神的嫌悪感をさらに高める。