Ever long


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 2010年以後のヘブンについて。

2010年以後のヘブンはレイラインの消失により複数の歴史をたどる可能性ができてきた。
基本世界ではアームヘッドパイロットの人材が産まれなくなり、財政難だったリズ連邦共和国協同連合アームヘディアンの作成技術を各国に売ることで財政難から回復。
さらにサイ・レントの協力で多額の資金をかけてアームヘディアンを育成するための施設、アームヘッド学園・エヴァーロングを開校した。
その結果学校でいかに優れた成績を出す生徒を国が輩出できるかというのが国家のプライドとなり、国家戦力とイコールとなった。

基本世界との相違点。

  • 天性的なアームヘッドパイロットがほとんど存在せず、パイロットは全てがアームヘディアンである。
  • 学園は各国の生徒たちのプライドのぶつけ合いの場所でありながらも、各国のありとあらゆる権力、大衆メディアが介入できない独立国家としてあつかわれる。
  • 非常に凄まじい実力主義のスクール・カーストが存在しており、虐げられる生徒が居り、それを取り締まる生徒組織があるものの効果は薄い。
  • 各国からのアームヘッドサポートがある。
  • 特異点は存在しない。

エヴァーロングの設定には関連項目に「属性:エヴァーロング」がつく。


生徒





教師

兵器