ダニー・オルコット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スペル:Danny Alcott
性別:男
所属:ペーパー・カッツ

リズの機密研究機関ペーパー・カッツに協力する研究員。
セリア・オルコットの実父であり、彼女の運命を狂わせたすべての元凶。

銀色の髪に金色の瞳をもつ顔立ちの良い中年であり、
コートと見紛うほどに裾の長い白衣をいつも羽織っている。

表面上は穏やかで理知的な人物であるが、内面は探究の為なら犠牲を厭わない狂気の持ち主であり、
オルコット家に婿入りしたのも、その血と財力を研究に利用する為であった。
なおこの表面上と内面が乖離している性質は、方向性こそ違えど娘のセリアにも受け継がれている。

オルコットの血を引く新動物実験の上級実験体としてセリアを作り、高校時代の頃に彼女を自ら拉致して機関に提供し、
自身はそのデータから更に研究を進め、ついには娘を未来の特異点にまで作り変えてしまった。
直後に起こったセリアによる大虐殺の際は、自身は一足先に退避していた故に無事だった。

それから暫くたった後、アザーフォビア内部にて機関の残党たちと共に潜伏しながら、
新たなる研究対象としてユナ・オルコットを精神的に追い詰めアザーフォビア事件を引き起こした。
しかし事件解決後にステタル・ガッポとの交戦によって二度目の暴走を起こしたセリアに発見され、
今度は逃げ切ることができずに行方不明となる。

なお遺体は現在も発見されておらず、その死因や状況などは一切不明である。