デデバリーィXXX


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

型番:DDBS-XXX
製造:デデバリィアプルーエ支部、シーグザール市民
所属:デデバリィ
武装:デデバリィの爪・ホズピタスの角・ガモゲドンの牙・ゾムエイルの鱗・ベドニーゼの翼・シュビツェの盾
調和:ターコイズ, テンポ・ド・モーテ, ワールズ・コライド, ライフ・イン・ダークウォーター, ゲヘナークレヴァス, ラストデイズ・センチュリー
パイロット:トマス・ボーリー, ケナー・ポマレリ, ブレジン・ニールファット,ボールド・ポイツ, メアリー・トゥース, マクタス・パール

シルとの最終決戦に向けて建造されたアームヘッド。
リムーの守護者6つのジップコアを搭載し、それに調和する6人のパイロットによって操縦されるマルチネック機体。

アームホーンはそれぞれ、デデバリィの爪、ホズピタスの角、ガモゲドンの牙、
ゾムエイルの鱗、ベドニーゼの翼、シュビツェの盾を再現した形状になっており、その全てを備える姿は合成獣のようである。

操縦系統は、主操縦士1名と残りのサポート操縦士を、適宜切り替えて操作する形式である。
主操縦士の全体への操作入力を元に、サポートコクピットにも指令信号が渡り、それぞれが各自の判断で担当部位を動かす。
これは、大型の機体なのでそれぞれのコクピットから状況を見極めた方が、確実な判断を得られるからである。

コクピットと操縦部位の割り当ては、胸部のトマスが頭部と胴体を管理し、
右肩のメアリーは右腕全体、左肩のブレジンは左腕全体、右脚はマクタス、左脚はボールド、
尾部のケナーは尾と翼の操作の他、トマスのバックアップを行っている。

体の各部を小変形させることで戦況に対応でき、
車輪移動と豪速パンチを得意とする通常の「キマイラモード」(画像左)、
爪と頭部の転回によって、デデバリィ本来の姿に近づけトマスの調和効率を上昇させる「ガーディアンモード」(画像右)に大別できる。

トマスが全力で設計図を書き、デデラボメンバーやシーグザール市民が協力して造り上げた機体だが、
なにより開発期間が一週間に満たず急ピッチで建造されたため、この機体そのものの完成度は高いとはいえず、
ダメージ次第ではアームキルによらない自重での自壊の危険性もはらんでいた。

シルとの闘いでは、リムーテルの魂と、XXXに乗っていたクッキーが共鳴する事で本来の性能より10倍に上がっている。


最終決戦後では、巨大な怪物から街を救ったというインパクトから、幾つかの私営組織から注文を受けている。
その際、この機体は『キンザートルゲゲン』(命名ブレジン)と名を改め、設計図のみが売り出された。
添付ファイル