トム・ジョンソン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

性別:男
所属:リズ連邦軍
職業:パイロット
搭乗機体:ヴァントーズ, ブリュメール, ホズフォン
調和:ムーン・サークル・キリング
登場:巨人戦争英雄譚

「リジアン・サムライ」の異名をとるパイロット。

異名の示すとおり、歴としたリジアンなのだが、幼少時から御蓮列島の文化を敬愛し学び続けている。
特に御蓮の古文化に惹かれるものがあるらしく、サムライやニンジャとなるべく修行を重ねた結果、いつの間にかエースパイロットになっていた。
味方からは敵国の文化にかぶれた者として煙たがられる事もあるが、パイロットとしてはまさしく達人級の腕前であることと妙に純粋で憎めない性格から、本気で恨む者は少ない。

その実力を認められ、定期的に新型機と共に「密命」とされる軍上層部からの命令を与えられるようになり、標的を葬る刺客として敵地に送り込まれる。
中でも神聖プラント帝国のエース集団「帝国二十四仕官」を全滅させた際には、敵軍に「連邦におけるセイントメシア」と言わしめるほどの鮮やかな手際を見せた。

セイントメシアとの壮絶な一騎討ちの末、敗れる。
奇跡的に生還を遂げたが、これがきっかけで紅白恐怖症に陥ってしまった。


機体には「大入」「とても強い」「お買い得」など御蓮語のステッカーを貼っている他、ゴレンブレード一刀流になるようカスタマイズを加えている。
御蓮語を完璧に話せると豪語するが、だいたい間違って覚えている。