レックスモラボレス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

製造:不明
武装:大型掘削機アーム・掘削ショベルアーム・姿勢制御兼攻撃用クロー・パイルシューター・サモラキャノン・光学レーザー砲・ミサイルポッド・ガトリング砲・バルカン砲・高射砲・ミストチムニー・採掘用キャタピラなど
パイロット:オミナエシ

パイロット達の間で、「要塞の男」と呼ばれる都市伝説として語られていた謎の存在。

その正体は、アームコア等資源採掘用機械と、それに基づいた研究開発を行う小型研究施設、
それを守る各種武装が集結した、超巨大複合移動要塞である。
アームヘッドの技術も補助的に用いられており、分類としてはギガースに近い。

非作業時は、加工した岩壁で機体下部を覆い、上部に岩柄シートを被せることで、
巨大な残丘のように見せるカモフラージュを行っている。
またミストチムニーによって広範囲を濃霧で覆って視界を奪うことや、レーダージャマーによる妨害などができ、
武装と併用してアームヘッドを奇襲し解体することで、直接アームコアを採集する事も可能になっている。

正式名称は、資源掘削機搭載移動式研究要塞(Resources eXcavator with Mobile Laboratory fortRess)である。
添付ファイル