ウィリアム・カバリオ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

性別:男
所属:リズ連邦軍
職業:パイロット
搭乗機体:リープアイズ
調和:シュテッペンプフェールト
登場:巨人戦争英雄譚

リズ連邦軍の中規模補給基地を防衛する、少年兵パイロット。
匿名のソーシャルメディアなどにおいては「トロージャン」と名乗っている。

元々は悪質なハッカー・クラッカーであり、情報戦・電子戦における能力が評価され軍務に就いた。
性格は、酷く捻くれている上に卑怯で、更にサディストらしい一面も見せる。

味方機を操って犠牲にして多くの敵機にウイルスを伝染させるよう仕向けたり、
その際に暴走した両軍の機体を撮影して「発狂パイロット」として動画サイトに公開するなど、
様々な非人道的行為を行っているが、彼自身は任務の詳細を知られない為のある種の権限によって守られており、
軍部から罪に問われることはない。

その代わり、同僚の間では既に噂として知られており、
嫌って難癖をつける周囲の人々が、彼に駒にされ次々に散っていくという悪循環が出来ている。


セイントメシアと交戦するが、自らの毒を返されて岩に食い込んだまま完全に機能停止し、
命乞いしたり止めを刺せと促したりするも、逆にコクピット以外を破壊されたまま放置されひっそりと死んでいった。