ハイエンドジャンク


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

製造:DMテクノロジー+独自カスタム
所属:不明
武装:アームホーン、フィジカルアサルトライフル、エネルギートーチ、フィジカルサブマシンガン、フィジカルショルダーカノン、胸部対物機関砲、ハードシールド
パイロット:平行世界のガラクタ・ガッポ


とある平行世界にて、ガラクタ・ガッポが在りし日に搭乗していた機体。
DMテクノロジー社が開発した汎用タイプ陸戦型モデル「DMGT-09/N」に独自のカスタムを施したものであり、
武装などには一部非純正パーツを組み込むことにより威力や携行性を向上させている。

対アームヘッド戦において脅威となるフィジカル弾への対策として物理装甲が追加されており、
一般的な機体よりもその防御性能は遥かに高い。
またこの世界のガラクタ自身の戦闘スタイルが高速度突撃機動の為、
そのスキルを高い水準で反映させるべく、OSはほぼオリジナル、
背部ブースターは純正型よりも大型のものにすげ替えられているなど、各所に彼専用のカスタムが施されている。

またフラッシュ弾などのジャマー系武装に対しては、
頭部そのものを変形させてメインカメラアイを保護し、一時的にサブカメラでのオペレーションに対応するなど、
戦闘において障害と成り得る可能性に対しても対策が成されている。

この世界において幾多の戦場をガラクタと共に渡り歩いた機体であり、
時折彼からは「相棒」とすら呼ばれている。