世界観


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

物語の舞台

この物語は、アボーキー星系に位置する ヘブン と呼ばれる惑星が舞台となる。

技術レベル

ヘブンでは機械技術が発達し、巨大人型兵器 アームヘッド が闊歩している。
その一方でロケット技術が発達せず、ミサイルなどの超長距離兵器はない(ミサイルが存在すれば、アームヘッドにかなり有効な兵器となる)。
また、ビルなどの大きな建物も少ないため、20mを越えるプリュヴィオーズは規格外の大きさであるといえる。
レーザー兵器はアームヘッドに対して有効である長距離兵器の1つである。主に水圧レーザーが使用され、アームヘッドの機動性をそぐことが可能である。

存在する国家

世界一の領土と膨大な人口を持つ 神聖プラント帝国リズ連邦共和国協同連合 のような国家連合が対抗している状態。
神聖プラント帝国は拡大をこれ以上進める意思はないが、リズ連邦共和国協同連合は世界一の強国となるべく頻繁に戦争を繰り替えしている。
神聖プラント帝国の隣国 中央アイサ連邦 も他勢力を出し抜き強国となろうとしているが、原住民との対立も国内ではらんでいる。
そのほか、 大御蓮帝国アプルーエ国家 、そのほかいくつもの国が存在し、それぞれの思惑で行動している。

物語について

私たちの世界が多種多様な面を隠し持ち、そこに住む人々や生命がそれぞれの物語を持っているように、
この世界も様々な者たちのそれぞれの意思や思いが複雑に絡み合い、時には干渉せずにいる"群像劇"としての側面を多分に有している。
ある者は世界を殺そうとし、ある者は世界を救おうとし、ある者は全てに気づかず幸せに日々を貪り、ある者は全てに構う間もなく苦しみもがく。
そんな、何度も死に損っているこの奇妙な世界を舞台に、物語は展開される。