アームホーン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アームコアを加工して作られるアームヘッドの主要部分。
この加工には特殊な技術が必要であり、それを専門とする職人も存在する。

バイオニクルフレームの生体活動を促す作用があり、アームヘッドには必要不可欠。
完成した直後は休眠状態にあるが、自らの波長がパイロットと合致すると覚醒し、活動を開始する。
大気中に含まれるプロトデルミスを活動エネルギーとしている。

また、他のアームヘッドの金属細胞に作用する性質を持つ。
アームホーンで他のアームヘッドを切ったり刺したりすると、バイオニクルフレームを伝達してその機体のアームホーンがアームコアへと退行するアームキルが発生する。

アームコアのままではアームホーンとして使用できないが、なぜそのようになっているのかは不明。

アームホーンを生成することを、ホーンナイズと呼ぶ。