翼の絶対原子破壊について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

の最強にして最大の装備、通称『突き抜ける空』と呼ばれるそれは、簡単に言うと絶対原子破壊である。
理論を簡単に説明すると、人間には聞こえない周波数、いわゆる超音波で、分子の中の原子をバラバラにし、さらに原子核まで粉々に砕く。

これは、菊田 五右衛門の残した基礎構成理論を菊田 武藏が改良したものである。
武蔵自身は起動するとは思っていなかったらしく、ふと思い立って翼の全身に装備させた。
それが、第一次ラグナロク襲来時に何故か発動し、周囲を木っ端微塵に砕いてしまった。
その凄惨な光景に恐れをなした武藏は、翼を北ゴレンに封印する。

突き抜ける空が破壊できない物は、何らかの高い周波数の音波を出す武装や装備、そしてアームコアアームホーンのみである。
超振動ブレードなどでも防ぐ事はできるものの、アームヘッド本体はダメージを受けるので、殆ど対策は無いもの見受けられている。
また、念波による武器でも防ぐ事ができるが、やはり対策は無いに等しい。

ちなみに翼の周りには、突き抜ける空と同じ時期に発生した太陽光にも似た光が纏わり付いており、これが翼を絶対原子破壊から守っているのではないかと言われている。