ザ・リベリオン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

無限平原と呼ばれる世界があった。

魔王マリスは打ち倒された世界は平和のように見えた。しかし英雄ダークは独裁政治を開始、一方のヘイトは反乱軍を結成、二人の団結は崩壊したかのように見えた。

そして政府軍のクルという少年はマリスがまだ生きていることを知る。光のトーアとなった彼はマリスを打ち倒すがこの無限平原がヘブンのほんの一部分を切り取ったものに過ぎないと知る。しんの敵は悪徳を司る三魔王そしてエクジコウという邪神だと知る。