菊田重工の三期について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

菊田重工の壮大なアームヘッドの機種と長い歴史は、現在三期に分けられる。
ただし、第二期は特殊な物となる。

第一期

菊田 五右衛門のファニオシリーズが該当する。
菊田重工の黄金期を作る礎となったファニオシリーズだが、基本理論は菊田 武藏が少年時代に作った物だった。
しかしそれを実用化にまで進化させることができた五右衛門の実力は本物であろうことを知らしめた。

第二期

武藏の展開するアースガルドシリーズが該当する。
しかし武藏は五右衛門と違い様々な機種を展開していったため、これまた三つの種類に分けられる。
アースガルドシリーズの前半は、スルトプロトタイプから量産型であるエインヘリヤルが代表的。
オーディンなどトゥ・チェンジ・ザ・ワールドに所属するアースガルドシリーズは李 元白によって製造されたため、これらに該当しない。
後半からはオリジナルではなく量産型の機種を増やした期間であり、菊田重工が営業成績を上げ始めた期間でもある。
この他に、プライベート・ハンドメイドシリーズが存在する。
これは、武藏が自分の趣味で自由に作成したもので、ルーンズブラック・ピロウがこれに該当する。

第三期

菊田言左右衛門の展開するTITLE‘天-TEN-’が該当する。
その実体は、翼の存在と日々強くなる翼の雄叫びを父である武蔵から明かされた言左右衛門が翼の復活に備え、全世界の兵力の底上げを計ったもの。
その性能の良さから、菊田重工はさらに発展する事となる。