ブラザーフッド、ダークハンター、そしてトーア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バイオニクルはアームヘッドとして、アームコアを媒介に間接的に復活を遂げている。
中にはそれを望んでいなかったものもいるが、それぞれの宿命に準じて行動を開始することになる。
バイオニクルにマトランやラヒがいるように、アームヘッドとして一括りにされているが生前の姿は異なり能力に大きな違いがあり、人間達もアームヘッドに曖昧な基準ながらレベルごとに区分している。

ブラザーフッドとは、Sレベルアームコアとそれに準じるもの達(たとえばゲデンエクジコウの三体のミニオン、リムーの守護者アースガルドシリーズも含まれるかも知れない)の事を指す。
バイオニクルでのブラザーフッドとの大きな違いは、マクータ以外の多くもブラザーフッドに分類されることである。
ブラザーフッドは多くが明確な意思を持ち、調和者と共に、あるいは調和者を道具にして自らの野望を実現しようとしている。
ブラザーフッドのなかでも狭義の意味のブラザーフッドであるSレベルのアームコアセブンシスターズは、発見された順にNo.1マクータ、No.2ブラック・バレット、No.3ドリブ、No.4スカージ、No.5ユグドラシル、No.6リーディング・トゥー・ザ・マタヌイ、No.7ゼウスと名付けられる。

ブラザーフッドの多くは世界に害のある野望を持ち、それを防ぐためにトーアが存在する。
トーアはTレベルアームコアから誕生したものであり、ブラザーフッドに匹敵する力を持っている。
また、トーアナイゼーションという現象も確認されている。
実はSレベルとTレベルのアームコアの性能に明確な差はなく、性質と発見された場所によって分けられていると言っても過言ではない。

最後に、エクジコウにアームコアを作る能力があったように、アームコアを生成することは可能である。
これは、旧マタ・ヌイ帝国でも実際に行われていた。
強力な神体がアームコアとなった場合の能力は想像できない。