ガイラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



型番:DK-16A
製造:ヘルメィス・エレクトロニクス(株)
所属:リズ連邦軍
武装:アームホーン(メインホーン)、ツームクロウ×2
調和:エヌマ・エリシュ
パイロット:カハン・クラントス

リズ連邦領土内で、地方の町工場であるヘルメィス・エレクトロニクスによって開発された、かなり革新的な機体である。
この機体に搭載された「B・H・S」(バックホーンシステム)は、メインホーン(パイロットが波長を合わせ、調和を発動できるアームホーン1本)からの波長を利用し、他のホーン(何本でも可。ただしメインホーンのレベルを超えるホーンは不可)とパイロットが波長を合わせずにも調和させることが可能というスグレモノ。実に沢山の能力を使用可能なだけでなく、サブホーンがキルされる分には、動作に大きな支障をきたさないのも利点。ただし、メインがキルされると、別のホーンと波長をあわせなければならないため、その手間はかかる。

基本性能もかなりのもの、頑丈なうえ俊敏な動きも得意。ただしコクピット周りの装甲が薄いという最大の欠点も持つ、しかもパイロットは立ち運転なため、疲れる・・・
初のアームヘッド開発だったため、コクピット
のノウハウがないのと、純粋に資金不足、ろいう2つの要因がある。