機能停止グンタム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガッポ族の鬼才オサツ・ガッポが週刊誌に連載している人気漫画。
アームヘッドの無い異世界でのロボットの戦いを描いている。

あらすじ

未来から来たおしゃべりロボット・グンタム。
ホントは強力な破壊兵器なんだ!
グオン人との戦いのときには、トークプログラムを”機能停止”して戦う!
グンタムと2人のパイロットの戦いが始まった!

主要登場人物
  • RT-78-1 グンタム
未来から何らかの使命を果たす為やってきた謎のモービルマシン。
優秀なAIを搭載しており普段は戦いを好まぬ温厚な性格。
トークプログラムを停止しなければ破壊兵器として機能しない。

  • コムロ・ライ
元々機械おたくの民間人だったが、降ってきたグンタムを修理し起動させた事でパイロットになる。
内気な性格だがどこか嫉妬深い。
誰よりも一番グンタムを上手く操作できる。

  • メリィ・モィ
コムロの幼馴染。戦うたびに罪悪感を覚え引きこもるコムロの代わりのパイロットを務める。
性格はこざっぱりしておりグンタムと仲が良い。
貧弱な体質であり、日に日に強くなる敵に少しずつ追いつけなくなっていく。

  • キャア・カルマエル
グオン人側に所属する人間。
少佐でありエリートパイロットの一人。
兜と一体のグラスで目を隠している。
全てのモービルマシンを3倍のスピードで乗りこなす事が出来る。
その正体は…

  • グオン人
宇宙に住む知的生命体軍。
人間より頭が二回り小さく、肌はクリーム色。
人間からは侵略者や宇宙人などと呼ばれ以前から凄惨な殺し合いをしているが、実は人類の成れの果てである。
新兵器の存在を知り半年戦争を仕掛ける。

最初はブリキの巨大ロボットばかり作っていたが、一度グンタムを捕らえた際にその構造を理解する事に成功。
それからはグンタムの技術を応用した異形のモービルマシンで地球を襲う。
半年戦争の最終局面ではグンタムを凌駕するモービルマシンを開発するに至る。


各話リストと初登場モービルマシン

第1話:謎のガーダー(グンタム、ザクク登場)
第2話:燃えるファイター(グフフ登場)
第3話:暗闇アタッカー(ブラウボーニ登場)
第4話:恋するリーダー(パラメラー・シックス登場)
第5話:鋼のプレデター(ドゥーム登場)
第6話:空飛ぶボクサー(グンボクサー、グンガンナー登場)
第7話:命のソーラー(アザムー登場)
第8話:地中のバッター(アグーイ登場)
第9話:道化スリーパー(ヘルメツ登場)
第10話:追撃クラッカー(ゴゴゴッグ、ゾウゴック登場)
第11話:戦うヒーター(ペルチェル登場)
第12話:稲妻クラスター(ポール、ギーァン登場)
第13話:恐怖のクラッシャー(ビグザ・クク登場)
第14話:どこまでもフライヤー(ザククロ登場)
第15話:それでもパンチャー(グム、グルゲグ登場)
第16話:超絶クライマー(サイデル登場)
第17話:最後のスラッシャー(グオンジ登場)
第18話:消えゆくライター
第19話:光のジョーカー
第20話:全てのマスター
第21話:無限のパワー(グンタムMK-2登場)


概要

主に敵側の斬新なメカデザインが人気で、ファンが多い。
しかし、その話題を軍に持ち込むのは愚であるとされている。

メカデザイナーは作者自身の他に、従兄弟の子供を起用している。
つまり出鱈目に描かれた絵の形を整えて無理矢理ロボットにするという技法が多く用いられた。

宇宙と地球、住む場所が少し違うだけで互いを差別しあう情景は一種の社会風刺である。

どこかパッとしない最終話が話題になり、後年にアニメ化し他の漫画家や小説家に受け継がれ続編が幾つも製作された。
作者曰く「グンタムって題についてれば全部公式」。



+ 機能停止Zグンタム
添付ファイル