ラグナロク襲来


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

外宇宙についての調査を主な任務としたラグナロクだったが、その自尊心からかヘブンへの襲来は二度ほど起こった。
第一次ラグナロク襲来時、現行の部隊では歯が立たず劣勢となったが、菊田重工の(当時)新型機、翼(ウインド)が登場する。しかし、結局戦況は変わらないように見えたが、翼に積んであった原子破壊機が作動してしまい、ラグナロクは宇宙へと再び追いやられる。
第二次ラグナロク襲来は、宝生率いるトゥチェンジザワールドメンバーの死闘により、ラグナロクは大破する。