ゲームマニア集団脳死事件


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

N.T.N1990年頃、無職のゲームマニア達が集団脳死する事件が世界各地で起こった。
それはパンチャーデッドというゲーム会社の開発した「脳波と波長を合わせ、全感覚で楽しむゲーム」と言うコンセプトのリビングフィールドというゲームだった。
集団脳死を起こしたのはそのゲームのベータテスト版をプレイしていたプレイヤーで、ヘルメット型のゲーム機を装備したまま息絶えていたという。
しかし遺体は全て死因解明という名目で回収され、遺族に返されることは無かったため、様々な憶測、都市伝説、根も葉もない噂が流布するが、時代の経過とともに世間から忘れ去られてしまう。

この事件の黒幕はヒルドールヴ社であり、社長のリオン・ヒルドールヴの悲願である「人間のアームヘッド化」と言う発想が元となっている。
その結果として人間の脳を使用したアームヘッド、キリングフィールドが発生する。
つまりキリングフィールドに乗せるための脳を調達するのが、この事件の真の目的であり遺体回収の時被害者は仮死状態で死因解明という名目でヒルドールヴ社に回収されるが、当時ではキリングフィールドを実現する手だてが無く、被害者達十数名にはヒルドールヴ社による軟禁が行われていた。
十数年し、この事件が忘れられた頃、菊田重工から「脳波のみでアームヘッドを動かすシステム」が発表され、リオンの子供であるリトゥナはこれに目をつけ、菊田重工にも協力を要請する。しかし菊田武藏はそれを突っぱね、激昂したリトゥナは菊田重工にスパイを送りキリングフィールド基礎理論を奪取。菊田重工に社会的な批判が起こるようけしかけ、それに成功する。
こうして、人道に反する兵器が完成した。