FAS


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

村井研究所によって開発されたシステム。
FASとは『Fake Awakening System(意訳すると擬似覚醒状態維持装置)』の略。

休眠状態のアームヘッドのホーンに、専用のプラグを装着。
プラグから極めて微弱な電気信号を送る事で、アームホーンに宿る意思を軽い暗示状態に陥れ、
更にこの状態からパイロットが搭乗すると、覚醒を起こす事なく起動する事が出来る。

通常アームヘッドを操縦するには、パイロットと機体の波長が合致する覚醒が必要不可欠であるが、
それ以降そのアームヘッドは覚醒させたパイロット以外には操縦が不可能となる。
しかしそれは裏を返せば、それまで一切の性能確認は出来ないという事を意味する。
またテストパイロットとアームヘッドの波長が合致、覚醒させてしまうという可能性も有り得る為、
完成直後の機体のテスト等が事実上不可能となっていた。

しかし、その後村井研究所がこのシステムを開発。
これにより、覚醒が発生する確率を劇的に減少させる事と擬似的な覚醒の二つが可能となり、
遂には不可能とまで言われていたアームヘッドの機体テストをも可能とした。

なお、稀に強い意志を持つアームホーンには、その意志を一時的に覚醒させてしまう事もある。

現在は過去の抗争による情報漏洩により量産化され、
アームヘッドの完全なる完成において、欠かせないものとなっている。