メシアエンブリオ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

製造:村井研究所
所属:無所属
武装:アームホーン・刀剣型ハンドホーン・エネルギーライフル・サイドマシンガン×2
調和:サイレントルナ
パイロット:神崎 翔


村井研究所が開発した試作アームヘッド。
セイントメシアの流れを汲む機体ではあるが、特性等が根本から異なる為、事実上全くの別機体である。
メシアから発展して誕生した新型の第一作という意味合いからエンブリオ(胎児)の名が付けられた。

汎用性とスピードを重視して制作されており、一定時間ならば空中・水中戦も可能。
更に脚部の反重力ブースタを駆使した高機動戦闘を得意とし、並の機体では補足する事すら容易ではない。
しかしその高い汎用性の結果としてクセが強い為、生半可なパイロットにはまず扱えないという欠点がある。