調和における危険性について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

調和はアームヘッドとのコンタクトだととられてきたが一種の危険性があることが指摘されている。すなわちアームヘッドとの調和を繰り返すうちにパイロットとアームヘッドの自我が同一化していき1つの存在となる可能性がある。これを融合という。それによって生じたものが融合前の存在に由来するのか、それとも全く別の存在かは分からない。
ユグドラシルシリーズのようにお互いに確立した自我としてつきあっていくアームヘッドに調和がないのもそういった理由である。

完全融合直前では調和がアームヘッドに乗らずとも発動できるようにすらなると言われている。