ゼウスアポカリプス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

製造:南ウェスティニア王国軍
所属:無所属
武装:FEATHER、銀獅子
パイロット:ティージ・クライン
調和能力:イカヅチノア(調和)煉獄向上

絶対的「悪」であり、「無」を保つアームヘッド。
黙示録の名を手に入れる前のゼウスが過度の成長に体を保てなくなった際、ノアを喰らったことによる更なる成長。
そしてそれにより調子付いたゼウスが他のアプルーエ四大アームヘッドを喰らい尽くしたことによる、ある意味究極の姿。


「アポカリプス」すなわち黙示録という名が示すようにすべてに審判を下すそれは無我であり、直感の示すまま診断を下す。
絶対的「悪」はパイロットまでも喰らっていたが、何世にもわたり成長を続けたそれを操る主を見つける。

が、その後の行方、そしてそれに乗るパイロットは一切不明とされている。


武装のFEATHERとは、
Flash End of Atomic Terrible Highpower with Endless Rurlerの略であり、
核という恐怖の力を持つ絶対的力による永遠の支配者の下す瞬間的な終焉という意味を持っており、
絶対的力を持ち、何者も自らの僕と仕立て上げることのできる無尽の支配者であるゼウスの真の姿を示す。

また、銀獅子は、白豹、黒豹の成長、融合した姿。
銀獅子はアームホーンを斬る度に切れ味を増す。