技術年表


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

技術年表


1980年代

  • フロンティアーズ
 当時謎の鉱石だったアームコアを人体に移植する計画。
  • ギガース(旧型)
 アームヘッドの原型。アームヘッドよりも大型。
  • アームヘッド(原型)
 原型であるため対人戦用武器が搭載されていた。
  • デュアルホーン(原型)
 菊田五右衛門によってひな形がこのころ(ファニオ時代)にもう存在していた。
 初期型はセイントメシアに採用。
  • アームヘッド(初期)
 現代のアームヘッド。
 初期はレーザー系統の武器がないので接近戦用武器が装備の大半を占めていた。
 複数のアームホーンを一体のアームヘッドに使用したもの。

1990年代

 スカージに搭載されていた装備。誘導ミサイルのような物。
 アームホーンを利用した自立型ファントムの走り。
  • ファントム(草案)
ラグナロク初期型及び、それに属するイージーファントム。
 簡易アームホーン。
 ユグドラシルの強力なプロトデルミス伝達能力を利用し、
 イージーファントムに採用。
 超音波による振動で威力を増す事の出来る接近戦用武器。
 菊田五右衛門の開発した技術をデュアルホーンとともにセイントメシアに採用。
 また菊田重工でもプライベートハンドメイドアームヘッドに発展型を採用。
 様々な種類の物がある。

2000年代

  • アームヘッド(中期)
 種類に富んだアームヘッドが現れる。 
 大型であるレーザー系統の遠距離兵装が出始めるが、それでも接近戦用の武器は多い。
  • イージージャベリン
 イージーホーンを使うジャベリン、イージーファントムの発展型。
  • 水圧レーザー
 俗に言うウォーターカッター。アームヘッド初期のレーザーである。
 光学レーザーが普及してもコスト上の都合からこちらの方がポピュラー。
 無人アームヘッド、AIでアームホーンを覚醒させる。
 イージーファントムより発展、自我を持つ。
  • 人間型ファントム(初期)
 人間サイズのファントム。アンドロイド。
 菊田重工で秘密裏に開発開始。
 人間に装着することにより動きをサポートする。
 アームヘッドの技術を逆輸入したギガース。

2000年代後期~2010年代

  • アームヘッド(後期)
 接近戦用武器に変わり小型化したレーザーが台頭する。
 光学レーザーによる光の剣。
  • フィジカルライフル
 アームヘッドの斥場領域を銃に転用し実弾を超高速で発射させる装置。
 テトラダイ粒子による結界さえも貫くことが出来たため、
 アームヘッドの歴史を塗り替えた画期的な武器。
 量産案が台頭。しかし実施はされない。
 テトラダイ粒子を使用した武装。
 しかし技術が発展しているため装備にあまり意味が無く、普及はしなかった。