ロバート・ラスター


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




自称「ニューアニマル」。
精神電脳世界に干渉するヒューマノイドコンピュータの一人で「現在」の特異点
同じ特異点であるムスタング・ディオ・白樺の性別などはうすうす感づいていたり彼にしては珍しくあまりしゃべりたがらない相手で苦手意識もあるようだ。
逆に同じ特異点であってもセリア・オルコットのことは「ゲロ野郎」と形容し心の底から嫌い、よく殴っていた。エンシューになぜセリアを殴るのか聞かれたとき、「あいつはたまに殴って痛みを思い出させないと自分が生きてることすら忘れていそうだ」と答えたという。


暗黒大陸に生まれるが口減らしのためにウィードに売られたエルドラド・ラスターは五歳の時から対人はもちろん対アームヘッド戦を想定した戦闘訓練を行っていた。
十五歳ほどに成長すると性別の反して女性らしい外見と性格をしていた(性同一性障害だったと思われる)。
しかしその常人では考えられない高い身体能力と頭脳を恐れたウィードは彼をジェニソー・マリビドに売りつけた。
その後エルドラドは度重なる人体実験と虐待によって二重人格化。ここにロバート・ラスターが誕生した。
リズ連邦の雇った傭兵にジェニソーの研究所が破壊されるも彼自身はアームヘッドに乗って傭兵を返り討ちにするも研究所という帰る場所を失い、始めて人を殺したというショックで肉体の主人格、エルドラドは発狂(この時完全に特異点となった)、眠りにつき代わりに主人格となったロバートが世界各地を傭兵として放浪し始める。

自分は戦闘狂ではなく世界を見るためだと彼自身は言い張っている。


傭兵として、テロリストとしてその名をとどろかせた彼は傭兵時代の資金で世界を放浪し、このころの使用アームヘッドは様々な軍倉庫から盗んだアームヘッドが主だった。
また、このときUnmemΩryのメンバーと接触している。
また数年ほど世界を放浪し偶然訪れた御蓮王国で第二次ラグナロク襲来に巻き込まれ村井 雪那の操るリアルメシアと共闘してラグナロクを撃破した。この時から一定のアームヘッドを使用するようになりスルトプロトタイプを使用していた。
また、スリーピィヘッド討伐戦時も戦場の近くにまで来ており敵方の脱走兵を戯れで切り捨てたりしていた。

添付ファイル