ブラックシープシステム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アームホーンにテトラダイ粒子が大量に付着し、一時的にその大きさと生産性を数倍~数百倍にする。
その際に角の肥大化と、装甲が黒くよどんで見える事からブラックシープと畏怖をこめて呼ばれる。
しかしロバートラスターが繰るようになってから「面汚し」としての意味合いで呼ばれるようになった。