世界の果て説


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1800年代まで信じられていた世界の終わりに関する考え方。
内容は「世界の終わりに現れる三位の神のうち勝った者が世界の行方を決める」というもの。
時代の経過と共に信じられなくなっていったが文学者達の間では有名な古典である。