※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1、UT3を衝動買いしました。
  インストールに9時間(正確には8時間59分)だそうです。

2、インストールしました。
  寝る前にダウンロードかけて、起きたら49%でした。
  9時間なんて嘘っぱちでした。
  結局一日つけっぱなしでダウンロード完了。

3、うぇあっはー、起動じゃー
  アカウントが作れません。
  なんじゃらほい
  調べた結果、メールアドレス記入欄に、
  「@」が含まれているとエラーになるそうです。
  まったく意味がわかりません。

4、とりあえずオフライン・キャンペーンで遊ぼう。 
  平均FPS30程度しかでません。
  なんじゃらほい
  調べた結果、恐らくメモリ不足かと思われます。
  私のメモリ力は512です。

5、高画質を断念して、低スペック仕様に変更しました。
  充実のwikiに感動した。
  ここでphysXのバージョンが古い事・
  ドライバが入ってない事に気がつきました。

6、ドライバ&新バージョンインストールしました。
  ついでにCドライブの掃除。
  30G中5Gの空きを確保。
  すぐさますっきりでフラグ!

7、うぇあっはー、FPSがでるぞー
  あんまりでませんでした。
  平均50程度です。
  640×480から変更するとクラッシュする不具合が発生。

8、とりあえず無視してdemoとマウスセンシをあわせる事にしました。
  demoがまとまって落ちていません。
  UT2004の方が人気あるようで。
  マウスセンシはプロを参考にして・・・
  プロの設定が見つかりません。

9、とりあえずyoutubeの動画で我慢します。
  demoもぱらばらと落ちているので今度集めます。
  ロケラン、重力弾みたいの、ヘルスが重要っぽい。
  移動し続けるということはなく、敵の位置予測をして、
  ぴゅんぴゅん、さっ 

10、死角を攻撃できる重力弾があるせいで、
   hit音、足音がとても重要になってる。
   リスポン地点とアイテムへのルートを覚えよう。
   その前に良く遊ばれるマップを調べなければ。

11、マウスセンシの例を探し回っていたら、
   すっでんユーザーのブログに飛んだ。
   UTプレイヤーが移住してきてたとは。
   クラン名はmille_feui_lle
   調べたら、公式大会で戦ってました。(バーニスじゃないぞ)

12、海外サイトの記事は意外と充実している。
   英語の練習も兼ねて翻訳しようか。
   そもそも中学レベルすら覚えてなかった。
   がんばります。  

13、キャンペーンを少し進めた。
   BOT撃ちそれ以上でもそれ以下でもない。
   難易度はノーマル。
   メモリは調べたら2G積んでた。
   ついでによくわからないメモリを2本足して、
   3.5Gにした。

14、ブライトスキンとHITサウンドは、
   MOD?とは違うなにかを入れないとできないらしい。
   UT界隈ではブライトスキンはずるい。らしい

15、demo発見。
   ESLで見つけました。
   大会サイトでdemoを探すという発想がなかった。
   これだからちょんげーまーは。

16、日本人のdemoも普通に落ちてました。
   ついでに初心者向け動画を発見。
   プレイヤーのブログを漁るって大事だよね!

17、オンライン一戦してきました。
   TDMです。
   敵がとても弱かったです
   ウィークエンドの無料開放時間だったみたいです。

18、大会demoをひとつ見ました。
   ↑で分かったような文章書いていたのが恥ずかしい。
   動きまくりでした。
   武器も色々活用していました。
   壁ドッヂのやり方がわかりません。

19、ドッヂたのぢいいいいいい
   UT2k4のコンフィグ詰め合わせを拾いました。
   有名どころいっぱいです。

20、↑で拾ったコンフィグを流用しました。
   UT2004とUT3だと、マウスセンシの設定が違うらしい。
   英語とにらめっこし、なんとか設定できたと思います。
   これでぼくもぷろえいまー!

21、そろそろキーバインドをいじろうと思います。
   fpsがでないのは、UEのCPU依存度が高いからだそうです。
   そういえばAVAもかっくかくしたっけなあ。

22、挨拶にネタを仕込むべきか否か。
   考えるふりをして今日もまたdualせずに終わる。
   逃避型。



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|