お友達の島へ遊びに行こう


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

以下の説明は、お友達が一般的な方法で島を立ち上げている場合での接続方法です。もし、お友達がHamachiを利用して、島を運営している場合は、「お友達の島へ遊びに行こう(VPN編)」の方をご覧ください。

1.島の場所と入るためのパスポートをもらう

島は、インターネットに接続されたお友達のPCの中に存在します。したがって、まず、接続先であるお友達のPCのIPアドレスを教えてもらいましょう。また、OpenSimは、リンデンが運営するメイングリッドとは全く別に独立して動いていますので、お友達の島を動かしているPC上で新しいアカウント作成してもらい、それを使って接続する必要があります。 

2.専用アイコン(ショートカット)を作成する

オープン・セカンドライフの接続には、公式のSecondLifeで使っているビューアをそのまま利用して接続ができます。 

まずは、実行の本体ファイル(SecondLife.exe)をさがします。
通常、以下のような場所にあるはずです。

 C:\Program Files\SecondLife\SecondLife.exe

見つかったら、このSecondLife.exe右クリックして「ショートカットファイルの作成」を実行します。

 「SecondLife.exe へのショートカット」

という名前のファイルができるはずですので、このファイル名を「OpenSecondLife」等、わかりやすい名前に変更し、デスクトップ等、好きな場所においてください。
 
次にこのショートカットファイルを右クリックしプロパティ画面を開き、「リンク先」の欄を以下のようにloginurlのあとにつづくネットワーク番号をお友達のネットワーク番号(例:5.xxx.yyy.zzz)に書き換えます。

お友達がHamachiを利用している場合は、手順3で確認したアドレスを、直接ポート開放を行っている場合は、あらかじめお友達から教えてもらった接続先のアドレスとポート番号を、使って、次のようにリンク先の欄を変更します。

 旧:"C:\Program Files\SecondLife\SecondLife.exe"                  
 新:"C:\Program Files\SecondLife\SecondLife.exe"-loginuri http://5.xxx.yyy.zzz:9000 -loginpage=http://5.xxx.yyy.zzz:9000/?method=login

できた、ショートカットファイルをダブルクリックするとお友達の島に接続ができます。お友達に用意してもらった専用アカウントとパスワードでログインすると、お友達の島に接続できるようになります。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。