《GM》
では、まずは自己紹介をお願いします。

《エリティア》
はーいっ
 
 
【エリティア】「もうお馴染みになってきましたわね、エリティア=ガーレットですわ」
【エリティア】「お父様たちを罠に嵌めた犯人、とうとう突き止めましたわよ。あとは、直接乗り込んで白状させるだけですわ…」
【エリティア】「……認めるのは悔しいですけれど、ケラヴノスのおかげ…ですわね。私一人では、どうしようもありませんでしたもの」
【エリティア】「それに、この事件が解決したら、私はケラヴノスの物に……なんて、今言っていても仕方がありませんわね。とにかく、ここまで来た以上、白黒はっきり付けてみせますわよ…!」
 
http://www.grifis.net/trpg/wiki/wiki.cgi/15thmoon/HC?page=%A5%A8%A5%EA%A5%C6%A5%A3%A5%A2

《GM》
それでは、よろしく御願いします~

《エリティア》
お願いしますーっ

《GM》
【ケラヴノス】「さて…それじゃ行くか」万全の準備を整えた後、エリティアの部屋でケラヴノスはゲートを開く。このゲートの向こうには、顔も知らない忌むべき宿敵が待っている。▽

《エリティア》
【エリティア】「ええ、そうですわね……最後まで、しっかり働いてもらいますわよ」少し緊張気味にごくりと唾を飲み、ケラヴノスの開いたゲートの向こうを伺うように覗き込む。何度か手を開いたり握ったりして緊張をほぐすと、軽い溜息とともにゲートへと足を踏み出し▽

《GM》
ゲートをくぐり抜けると、そこは小さな部屋だった。書斎だろうか? 本棚が数個並んではいるが、どれも古く、本もやや歯抜けで見窄らしい。そんな何とも言えない部屋の奥で、白髪の老人が腰を抜かしていた。
【ミソス】「だ、誰じゃ、お前は…!!」老人は恐れおののきながら、護衛用の魔族を召還させる。だが、それもケラヴノスと比べても、力量が違う弱い者。
【ケラヴノス】「あいつがミソスだ。やっつけてやりな」そう言ってケラヴノスは本棚に背を預けると、エリティアに魔力を送り始める。▽

《エリティア》
【エリティア】「ここは……書斎?それにしては、変に荒れてますわね。……まぁ、そんなことはどうでもいいですわ」ゲートを抜け、眼前に広がる書斎と言うには少々拙すぎる内装を興味なさげに一瞥し、すぐに部屋の奥で腰を抜かす一人の老人に視線を向ける。「お初にお目に掛かりますわね、ミソス老。私、エリティア=ガーレットと申しますわ。……この名前だけで、私が何をしに来たか判りますわね?」目の前にいるのが両親を罠に嵌めた男。想像していたよりも弱弱しいその姿にどこか落胆を覚えつつも、指先にバチバチと紫電を纏わせながらミソスを威圧する。

《GM》
【ミソス】「き、貴様…ガーレットの孫娘か…貴様の父親が…貴様の父親が居るから悪いのだぁ!!」そう言って魔族に襲わせようとします。

と、行ったところで戦闘です。

[魔族(8)][エリティア(22)]

《エリティア》
【エリティア】「まあ、期待はしてませんでしたけど……随分と小悪党じみたことを言いますのね。いいですわ、ここしばらくの鬱憤を晴らしてから、いろいろ聞かせてもらいますわよ」ふっ、と嘲笑するように口元を歪め、指先に集めた魔力を解放し

《エリティア》
さあ来い!

《GM》
まぁ、そちらからなんですがね。開幕からどうぞ

《エリティア》
んー、では
《アサルトフォーメーション》発動、対象は自分!

《GM》
ほい
魔物刻印3つだっけ?

《エリティア》
3つー

《GM》
2d6+9+9 単体/あり/MP8(二回攻撃/七毒/誘惑)
2d6+9+9 単体/あり/MP8(二回攻撃/七毒/誘惑)
…は、ダイスがない?

《エリティア》
くだいすさまを招聘いたしました
《GM》

ありがたき
2d6+9+9 単体/あり/MP8(二回攻撃/七毒/誘惑)
<kuda-dice> yumenoGM -> 2D6+9+9 = [4,5]+9+9 = 27
2d6+9+9 単体/あり/MP8(二回攻撃/七毒/誘惑)
<kuda-dice> yumenoGM -> 2D6+9+9 = [6,1]+9+9 = 25

《エリティア》
うげぇー
まず1発目をその他で受ける、AP0
BSはー…どうしようかな

《GM》
なんでもいいよ。七毒だし

《エリティア》
よく考えたら催淫にしないとスウェーできなくなるな
とゆーわけで催淫もらう!

《GM》
ほい

《エリティア》
そして2発目をスウェーで弾き腰で受ける、AP残り1
催淫重ねますねぃ

《GM》
む、ほい。ではそちらどうぞ

《エリティア》
ういっすー
では《神鳴》で叩く

《GM》
どうぞ

《エリティア》
2d6+8+32+2 雷属性
<kuda-dice> Y32_Ellie -> 2D6+8+32+2 = [5,6]+8+32+2 = 53

《GM》
うげぇ
1/3消し飛びました…ぷすぷす
では、2R目、開幕

《エリティア》
《アサルトフォーメーション》っ

《GM》
では、こちらのターン
2d6+9+9 単体/あり/MP8(二回攻撃/七毒/誘惑)
<kuda-dice> yumenoGM -> 2D6+9+9 = [4,2]+9+9 = 24
2d6+9+9 単体/あり/MP8(二回攻撃/七毒/誘惑)
<kuda-dice> yumenoGM -> 2D6+9+9 = [2,2]+9+9 = 22

《エリティア》
お、これは
1発目を腰で受けてAP0
2発目をスウェーして11に半減、胸で受けてAP1っ

《GM》
む…w アクトをどうぞ

《エリティア》
<過敏な突起><飲精奴隷>といこうかなーっ

《GM》
はーい、そちらどうぞ~

《エリティア》
ではでは
《神鳴》行きますー!

《GM》
ほい、ミラパはいらない?

《エリティア》
(2d6+8+32+2)*2 雷属性 《ミラクルパワー》
<kuda-dice> Y32_Ellie -> (2D6+8+32+2)*2 = ([2,5]+8+32+2)*2 = 98

《GM》
ボロボロw @15点w

《エリティア》
使うー!

《GM》
では、次のターン!

《エリティア》
アサルトフォーメーション行くよ!

《GM》
ほい

《エリティア》
そしてIVはコッチのが上なので《ライトニングブラスト》で叩きたい

《GM》
どうぞ

《エリティア》
3d6+8+2 補助<自慰>で催淫解除っ
<kuda-dice> Y32_Ellie -> 3D6+8+2 = [5,4,1]+8+2 = 20

《GM》
落ちました~

《エリティア》
勝った!

《GM》
第三部完!

《GM》
では、演出参りましょうか~

《エリティア》
運命の輪!?
あいさーっ>演出

《GM》
【ミソス】「あわわわ…」魔族は哀れにも倒されてしまい、抵抗する力を失った老人は腰を抜かしたまま、椅子にしがみついている。【ケラヴノス】「後は衛兵に任せればいいんじゃないか?」崩れ落ちて叩くほどでもない老人を見つつ、エリティアに言って。▽

《エリティア》
【エリティア】「終わりました、わね」魔族を失い、情けない姿を晒す老人を見下ろしながら溜息を一つ。ちら、とケラヴノスを振り返り。「そういう訳には行きませんわよ。ちゃんと念を入れて、本当のことを話させるように約束させないといけませんもの。……そのあたり、判っていらっしゃる?」椅子にしがみついて震えるミソスを射抜くような視線で睨み付け。▽

《GM》
【ケラヴノス】「そうだな、魔法で嘘を吐けなくしておくか」と、ケラヴノスが魔法を掛けると、ミソスは淡い光に包まれる。うぐっと喉を押さえると、ぜぇぜぇと激しく息をして。「ま、これで大丈夫だぜ」▽

《エリティア》
【エリティア】「ご苦労ですわ、ケラヴノス。では、用も済んだことですし、帰りますわよ」最後にちらりとミソスに一瞥を向けると、ケラヴノスにもう一度ゲートを開くように指示。「……最後に、もし言っておきたいことがあれば聞きますわ」敢えて振り返ることはせず、背後で荒く息をつくばかりのミソスに対し、最後の一言を。▽

《GM》
【ミソス】「ぜぇ…はぁ…この…ガーレットの孫娘がぁ…」そして最後も恨み言を吐くしか無くて。ケラヴノスがゲートを開き、エリティアと共に立ち去ってしまう。
その後、ミソスは衛兵に逮捕され、当時の事が事細かに書かれた日記なども発掘され、逮捕される。
そして、エリティアの両親のえん罪が確定的となり、このたび釈放されることになった。
では、両親達と久しぶりに食事を取ることになった。

《GM》
【パテラス】「ようやく私の無罪が証明されたよ。長い期間、留守にすることになって済まなかったな」食事を取りながら、エリティアに長期の不在を謝罪する。何故今頃犯人が捕まったのか、その経緯は知らず、エリティアのおかげと言うことも全く知らない。▽

《エリティア》
【エリティア】「当然ですわ、お父様。むしろ遅すぎたくらいですわよ、お父様があんなことに手を染めるはずなんてありませんもの」家族で囲む久々の食卓。ようやく取り戻した平穏な暮らしに、普段は険しい表情がいつに無く和らいで。……その傍らで、なぜ両親の無罪が証明されたのか、これから自分がどうなるのか、それすら言うことができない寂しさを心の中でぐっと押し殺す。▽

《GM》
【ミテラ】「そうね、長かったわ。でも、これからはゆっくり3人で暮らせるわね」何も知らない母親は、そんな待ち望んだ平穏な日常を希望に抱いて語り出す。▽

《エリティア》
【エリティア】「はい、お母様。でも、お父様のお仕事もいろいろ溜まっていて忙しくなるでしょうから、私もできる限りお手伝いしますわ」そう言いながらも、もう手伝いなどできるはずも無いことは心の中で分かっている。それでも、ようやく自由の身になれた両親に不安は与えまいと、あくまで普段通りの笑顔を浮かべ。▽

《GM》
【パテラス】「はは、それはありがたいよ」父の笑顔はまさしく本心の物で。そして家族との団らんが終わり、自室へ帰る時間が来る。

《GM》
【ケラヴノス】「…もう良いのか?」部屋に戻ると、ソファの上にいつも通りの姿でふんぞり返って座っているケラヴノスの姿があった。▽

《エリティア》
【エリティア】「……ええ、構いませんわよ。私のやったことは無駄ではなかったと、十分に判りましたもの」どこか儚げな微笑を浮かべ、ケラヴノスの横に腰を下ろし。「それで、これから私をどうしますの?ここに住み着くのか、それとも他の場所に連れて行かれるのか……どうなっても文句は言いませんわ」そっとケラヴノスに身体を寄せ、ほんの少し震える声で尋ね。▽

《GM》
【ケラヴノス】「俺の所に連れて行くぜ。とりあえずは…そうだな、服を脱いで、これに着替えて貰おうか」指を鳴らすと、ベッドの上に囚人服の上着のみが一枚、ふぁさっと置かれる。「魔族に身体を売ったメイデンには相応しい格好だろう?」▽

《エリティア》
【エリティア】「……分かりましたわ、そういう契約ですものね」優雅な仕草で立ち上がると、上着のボタンに手を掛けて一つ一つゆっくりと外していく。露になる薄い胸板、肌はほんのりと紅潮していて。「……これからは当然のことですのに、やっぱり着替えを見られるのは恥ずかしい、ですわね……」とくん、とくん、と心臓が高鳴るのを感じながら、囚人服に袖を通し。▽

《GM》
【ケラヴノス】「そのぐらいの初々しさは常に保って貰いたいもんだな。さて、後ろ手に回すんだ。手錠の味もそろそろ慣れてきただろう?」立ち上がってエリティアの後ろに立つと手錠を手にし、エリティアの手首にかけてしまう。▽

《エリティア》
【エリティア】「っ……これで、いいんですの……?こんなもの、あまり慣れたくは、ありませんけど……」手首に触れる冷たい金属の感触。今まさに自分は拘束されているんだ、そんな風な実感がじわじわと手首から広がっていく。ほんの僅かではあるが、呼吸も浅くなり始め…▽

《GM》
【ケラヴノス】「それじゃあ、行くとするか」パチンっと指を鳴らすと、ゲートが開かれる。ゲートの向こう側は真っ黒で見れないが、ここを通れば最後、ここに戻ってくることはないだろう。「それじゃあ、自分の足で入って貰おうかな」▽

《エリティア》
【エリティア】「……わかり、ましたわ……」目の前に開かれた魔界への門。一歩先すら見えないその深さへの本能的な恐怖なのか、ごくりと思わず息を呑み……しかし、それでも貴族として、一度交わした『契約』を反故にするわけにはいかない。「お父様、お母様、さようなら……お元気で、暮らしてくださいませ……」振り返ることもなく、闇色のゲートの中にゆっくりと足を踏み入れて。ようやく再開できた両親と再び別れなければならない寂しさと、これ

《エリティア》
から自らが置かれる状況への倒錯した期待に、頬を微かに涙で濡らし。▽

《GM》
ゲートを抜けると、そこは一言で言えば地下牢だった。窓のない石壁。ひんやりとした湿度。檻越しの個室に、壁に立て掛けられる拘束具。その他淫靡な道具が散乱とするその場所は、女囚が尋問と称して嬲られる為に存在する部屋だった。

《GM》
【ケラヴノス】「模様替えや部屋替えは気が向いたらするが、とりあえずはお前の部屋はここだ。お前を慰み者にするには良い雰囲気の場所だろう?」ケラヴノスもゲートから入ってきて、ゲートが閉じられる。扉のないこの部屋からは、ゲートを閉じられれば最後、抜け出す方法は存在しない。▽

《エリティア》
【エリティア】「………っ、ここが、私の…」家具も調度品も無い殺風景な石造りの部屋に、床に無造作に散らばった淫具の数々。これまでの暮らしとはあまりに違いすぎるその部屋の光景に、覚悟は決めていたものの、さすがに衝撃の色を隠せずに。「いえ……文句を言っていい立場では、ありませんでしたわね。分かりましたわ……」約束に従うのは、あくまでも貴族としての矜持を守るため。そう言わんばかりの態度で、ケラヴノスの前に傅いて見せる・▽

《GM》
【ケラヴノス】「さて、それじゃあエリティアには囚人らしい格好をさせるか」そう言うと手枷とアンクレットを外させ、虚空から五つの銀で出来た輪を取り出し、それぞれ首、手首、足首につけさせていく。
【ケラヴノス】「足枷はこの部屋の中央と連動しててな、この部屋から出られないようになっている。まぁ、しないとは思うが、脱獄禁止の為の措置だな。手首につけたのは特に効果はないが、手枷をつけて手首が痛むッてことが無くなるな。そして、首輪だが、食事をしなくても不老不死にさせる代物だ」そうエリティアにつけた物の効能を説明すると、エリティアの顎に手を添え、くいっと持ち上げる。
【ケラヴノス】「これでエリティアの身体は全て、俺の支配下、俺の物って所だな」笑みを浮かばせながら、エリティアの瞳を見つめる。▽

《エリティア》
【エリティア】「あ、っ………」ケラヴノスと出会ってから、一度も外すことの無かったアンクレットがあっさりと肌から離れていき。何とも言葉に表しがたい、頼りないような感覚……「これは……そう、私がケラヴノスのモノになった証、ですのね……?」新たに与えられた銀の輪を自ら身に付けながら、自身が本当にこの魔族の奴隷に成り下がったのだと実感し。「んっ……はい、私、エリティア=ガーレットは……ケラヴノス……様、の、所有物…です、わ……」じっと瞳を笑みとともに見つめられれば、不思議にとくとくと心臓の鼓動がほんの少し早くなる。初めての服従の言葉には、まだ何とも言い難い固さが残っていて。▽

《GM》
【ケラヴノス】「ほう、自分から所有物であることを認めるのは殊勝な心がけだが、まだまだ言いよどみがあるな」エリティアの言葉に笑みを浮かべるも、さらに唇を歪ませて。「ここは一つ、心を籠絡させるとするかな」▽

《エリティア》
【エリティア】「っ……厳しい、んです、のね……」自分なりに一生懸命述べたはずの服従の言葉を軽くあしらわれ、少し悔しく思いながらも言い返すことはせず。「篭絡……?な、何をする気、ですの…?」ケラヴノスがこんな笑いを浮かべるのは、決まってよくないことを思いつた時。じり、と壁際に下がりながらも、どこかでこれから起きることに対して期待をしてしまっている自分がいて……▽

《GM》
【ケラヴノス】「何、たいしたことじゃないぜ」そう言って再び虚空から一つ、銀で出来た輪を取り出す。それは先ほどの枷に比べればずいぶんと小さい物。それを、エリティアの左手の薬指につけさせる。「な、簡単だろう?」指輪からは魔力を感じられず、ただ普通の指輪を左手の薬指につけられただけ、と言うことになる。▽

《エリティア》
【エリティア】「え……?これ……ただの指輪、ですの…?」言われるがまま、渡された指輪を左手の薬指に通し。何が起こるのかと僅かに背筋を固くしていたにも関わらず、別段何か特別なことが起こるわけでもなく。さすがにきょとんとした表情を浮かべ、ケラヴノスに真意を問うて。▽

《GM》
【ケラヴノス】「そう、ただの指輪だ」そしてにやりと笑う。「ま、意味が分からないなら、意味が分かるまでのお楽しみだな」檻越しの個室にはプライバシーこそないが、書物はそこそこ揃っており、エリティアが以前までしていたことは不自由なくできるようで。【ケラヴノス】「それじゃあ、早速お前で楽しませて貰うとするかな。まずはどんな風に弄ばされたいか、言ってみな」壁際まで行ったエリティアを追うようにして目の前に立つと、壁に追い詰められた今にも犯されそうな少女の様な光景で。▽

《エリティア》
【エリティア】「ぁ、あっ………わ、わかり、ましたわ……その、いつもの、ように……縛ってほしいん、ですの…もう、わたくしぃ……っ」壁際に追い詰められ、ケラヴノスがじりじりと大きく見えてくる。そんな状況のはずなのに、調教に慣れきってしまった身体は期待に甘く打ち震えて……もう隠すものもなくなってしまった淫らな割れ目から、とろりといやらしい蜜が垂れ落ちて。▽

《GM》
【ケラヴノス】「縛ってほしい、か。縛られると抵抗も隠すことも出来ないのにそれを望むと言うのか」調教するときは遠慮無く縛っていた癖に、自らそれを望むように言ったエリティアに意地悪じみて言う。
【ケラヴノス】「それなら、服を脱いで後ろ手に組んで背を向けるんだな」エリティアに指示をし、その通りに動くのを確認すると、手枷に手錠を掛け、革製のベルトで二の腕を縛ってしまう。▽

《エリティア》
【エリティア】「……そうさせたのは、貴方、ですわよ……?」ほんの少し皮肉の色を交えて言い返し、いつもの強気さを微かに残した視線でケラヴノスを見返し。「っ、これで、いいんですの……?今日は、ベルトを使うんですのね……」ぎりりっ、と両腕をベルトできつく締め上げられて軽く苦悶の声を上げ。しかし、その痛みも今となっては、刻み込まれたマゾ性を開かせるための呼び水となって……とくとくと心臓が早鐘を打つのが判り。▽

《GM》
【ケラヴノス】「調教が上手く行っている証拠だな」エリティアの皮肉にも笑みを浮かべて頭を撫でて。「あぁ、腕の拘束感が良いだろう? 次はそこのテーブルの上に立ちな」部屋の中央に、小さなターンテーブルの様な物が置いてある。以前も見た、上に乗った人物の姿を記録してしまうもの。正式に魔族ケラヴノスの奴隷となった姿を、改めて撮影しようとしているのだろう。▽

《エリティア》
【エリティア】「これ、前にも使ったアレ、ですの……?」見覚えのある小さなテーブルを指し示され、その上に乗ることの意味を思い出し。自分の体の隅々まで余すことなく記録される恥ずかしさを思い出すだけで肌がかっと熱くなり……「……また、私……こんな姿を、撮られてしまいますの…?」それでも、ご主人様となったケラヴノスの命令に逆らうわけにもいかず、素直にターンテーブルの上に乗り。これからされることを自分の言葉にして確認してしまえば、余計に羞恥と昂ぶりが燃え上がってしまう。▽

《GM》
【ケラヴノス】「あぁ、隅々までな。俺の部屋に飾っておいてやるよ。音声も録音できるから、折角だから、忠誠の誓いを再度言って貰おうかな」ターンテーブルの上に乗ったエリティアの裸身が、遠目に見れば本物とまごうほどの精密さで克明に記録されていく。▽

《エリティア》
【エリティア】「う、うぅっ……わかりましたわ、私は、ケラヴノスの……奴隷、ですもの……」今自分がどんな姿を晒しているのか、それを眼前にありありと映し出され、羞恥に肌を赤く染めて。「わ、わたくしはぁ……っ、ケラヴノス様の、所有物、ですの……っ、だから、縛られても、犯されても、どんなことをされてもぉっ……悦んでしまう、変態、なんですわ……!」貴族である自身のプライドをかなぐり捨てる奴隷としての言葉。堪らない屈辱感と、それ以上の倒錯した悦びが頭の中を駆け巡り……気がつけば、無意識のうちに、秘所がきらきらと淫液に光ってしまっている。▽

《GM》
【ケラヴノス】「ふふ、素直じゃないか。最初の頃とは全然違うな」エリティアの宣誓に口元を綻ばすと、手をエリティアの胸元に伸ばし、乳首をツンっと軽く指先で突っつく。「それにしても胸だけは貧相で残念だな。ま、その貧相な胸もバッチリ記録されちゃったわけだが」▽

《エリティア》
【エリティア】「だ、だってっ……それは、ケラヴノスが、こんなことをするから、ですわ、っひゃんっ!?」胸の貧相な膨らみと反比例するように感度良く開発された乳首を軽く弄られるだけで、可愛らしい悲鳴を上げてその場にへたりと座り込み。ケラヴノスにも、すでにぷっくりと充血し、勃起しきっていることが判ってしまうだろう。「む、胸のことは、言わないでほしいです、のぉ……結局、大きくならないです、しぃ……っ」コンプレックスの源である胸元に視線を落とし、俯いてぼそぼそと。以前ケラヴノスが『弄れば大きくなる』と言ったのを、どうやら密かに期待していたらしい。▽

《GM》
【ケラヴノス】「おやっ、言ってなかったかな。俺は貧乳の方が好きなんだがな」浮かべる意地悪い笑みは、明らかに確信犯で。片膝を付くとエリティアと頭の高さを合わせ、口付けをする。
【ケラヴノス】「…んんっ、くちゅり…れろっ…んんっ、ん…」舌を出すと、エリティアの咥内に侵入させ、嬲るように縦横無尽に暴れさせる。そしてエリティアの唾液を自身の口の中に入れ飲んでしまう。▽

《エリティア》
【エリティア】「そっ……そんなの、そっちの勝手です、んむっ!?」コンプレックスを笑われたことが悔しかったのか、いつものように言い返そうとした瞬間に唇を塞がれ。「んふぅぅっ……ん、む、んぅぅ……っふ、うぅ……ん……♪」最初は僅かに抵抗を見せるものの、口内粘膜をくすぐるケラヴノスの舌先の心地よさに、表情は緩やかに蕩けていく。自ら進めて舌を絡め、ふるふると両肩を震わせながら、長いキスの快感に身を委ね。▽

《GM》
【ケラヴノス】「ぷはっ…ふう…お前の口は美味いな」口元に付いた唾液もぺろりと舐め取ってしまう。「それじゃあそろそろ犯すとするか。エリティアも我慢出来ないみたいだしな」指をエリティアの秘所に伸ばすと、くちゅり、と愛液が音を立ててその存在を誇示しだす。▽

《エリティア》
【エリティア】「んんっ………ぷ、あっ!……っ、はっ、はっ、はぁっ……♪」唇が離れ、足りなくなった酸素を求めて薄い胸板が大きく上下に動く。頬を上気させ、瞳を妖しく潤ませたその表情は、どう見ても発情しきった雌猫のソレ。「んぁっ、あうぅぅんっ……!♪わた、くしの、カラダ、おかしく、なってますのぉっ……じんじん、して、早く、ほしく、なっちゃってぇっ……ケラヴノスの、せいです、わよぉっ……」軽く割れ目を指先で弄っただけでとろりとあふれ出す淫らな液体。どんなに強がってみても、この指一本で自分は屈服させられてしまう……そんな自覚をすれば、マゾの心根が余計にゾクゾクと身体を淫らに熱くして。▽

《GM》
【ケラヴノス】「どんな風に犯して欲しいか言ってみな。俺が決めるのは無しだ。エリティアの中で自分が一番惨めになる犯され方を決めるんだぜ」秘所を嬲る指は浅く、絶頂にはほど遠く物足りない。だが自分で求めるのは貴族としてははしたないであろう。しかもそれが、“自分が一番惨めな犯され方”と言う注文付きならなおさらか。▽

《エリティア》
【エリティア】「あっ、あぁっ、んぁぁっ……!♪そ、そんなぁっ、ひどい、ですわぁっ……!」口ではそう言いながらも、ケラヴノスに詰られるたびに膣口がくちゅくちゅと音を立てて愛撫する指先をきゅぅっと食い締め、艶めいた甘い声を上げる。決して満足させてもらえない中途半端過ぎる責めに心はドロドロに溶け、またソレが新たな快楽を呼んでいく。「ふぁっ、んぁぁっ!!♪うぅっ、うしろからぁっ、お尻を突き出した姿勢でっ、めちゃくちゃに犯されたいんですのぉっ!!貴族なのに変態だって、詰られながらぁっ、もうっ、がまんできませんのよぉ……!!」屈辱的なおねだりに、身体は勝手に淫らに燃え上がって。自身の愛液でとろとろに濡れた腰を振り、まるで娼婦が街行く男に媚びるような仕草で。▽

《GM》
【ケラヴノス】「背後からか。なら、例の晒し台が良いだろうな」指を鳴らすと、晒し台が部屋の中央に現れる。そしてその周囲に、何人ものケラヴノスの分身が姿を現す。「どうせならギャラリーもいた方が盛り上がるだろう? 全部俺だけどな」晒し台の高さはちょうどケラヴノスの股間の位置。犯してくれと言わんばかりの格好になる。▽

《エリティア》
【エリティア】「あ、ぁぁっ、また、この……っ、想像しただけで、からだ、あつくなりますのぉ……♪」何度も何度も犯された晒し台を目の前に、呼吸は浅く速く、艶を帯びていく。まだ触れてもいないのに、冷たい拘束具に身体の自由を奪われる感触すらもはっきりと感じられるようで。「ああ、や、ぁ……♪はずかしい、ですのぉっ、こんなので感じて、しまうなんて、わたくしぃ……♪」自ら晒し台に身体を預け、周囲に立つケラヴノスたちをうっとりと見回し。淫液でとろとろに濡れたお尻を自分から突き出し、早く犯してほしい、と言わんばかりに。▽

《GM》
【ケラヴノス】「ふふ、元貴族が今や魔族の性処理玩具。自由を奪われ生殺与奪権も奪われ、ただ犯されるだけの日々を過ごすだけの命…堕落した気分はどうかな?」お尻をぺちり、と軽く叩きながら、エリティアのプライドを嬲るように現状を語り出す。▽

《エリティア》
【エリティア】「いぎっ!!仕方、ありませんの……っ、私は、そういう、約束で……っ、契約、して、奴隷になったん、です、ものぉ……」パチン、とお尻を軽く叩かれ、晒し台に拘束された華奢な身体がビクンと跳ねて。ケラヴノスに見せ付けるように突き出した割れ目から、とろりと淫液が垂れ落ちて。▽

《GM》
【ケラヴノス】「ほう、それでもこの状況を受け入れるのはさすがと言ったところだな。けど、元貴族の誇りは忘れるなよ。ただの淫らな女はそこら辺にもいるからな」並大抵の精神なら墜ちるしかない陵辱を与え、これからも与え続けると宣言した上で、誇りを捨てるなときつい一言を言う。その一方で手を伸ばすと、くちゅり、と突きだした割れ目に指を二本差し込んでしまう。▽

《エリティア》
【エリティア】「そん、なっ、私を、こんな風に、した、のは、貴方自身ですのに、っぁんっ♪っぁ、あぁ……っ、もう、疼いて、だめ、ですのぉっ……」とろとろに濡れた秘裂を指で割り広げられ、美しいブロンドの髪が快感に震える身体に合わせてなびき。ねっとりと指先に絡みつく蜜の量は、エリティアの身体が如何にこの魔族によって淫らに変えられたかを顕著に示しているようで。▽

《GM》
【ケラヴノス】「ほう、口答えとはまだまだ躾がなってない証拠かな。お仕置きが必要なようだな」そう言って指を抜くと軽くペちんっとお尻を叩きつつ、熱く堅い肉棒をエリティアの割れ目の入り口に添えてしまう。
【ケラヴノス】「そら、魔族の肉棒がエリティアの膣内に入っていくぞ」にやりと笑みを浮かばせながら、じわりじわりと嬲るようにゆっくりと肉棒を膣内に挿入していく。▽

《エリティア》
【エリティア】「ひぅぅっ!?!あぁ、申し訳、ありません、わぁ……♪どうぞ、ど……奴隷の、エリティアにっ、お仕置きを、お願いします、のぉ……」叩かれれば叩かれるほどに蜜を溢れさせる蜜壷に剛直が宛がわれ、開発されきった牝芯がキュン♪と疼く。奴隷、というときに微かに口ごもるのは、貴族であったプライドのせいか。「あぁ、んぁぁぁ……っ♪はいって、ます、のぉっ、私、元貴族、なのにぃ……っ、魔族のモノでお仕置きされて悦んでる、変態、ですのよぉ……♪」とろとろの秘所で肉棒を食い締めながら、自らの言葉で自分を貶めて。その表情はマゾの快楽に蕩けきった、奴隷にふさわしいもの。▽

《GM》
【ケラヴノス】「エリティアの友人や街の連中が、こんな奴隷のような格好をさせられて玩具として扱われているのに喜んでいる今のエリティアを見たらどう思うだろうな」ずぶり、と根本まで奥深く突き刺さると、エリティアの腰を掴んで。
【ケラヴノス】「ほら、周りを見てみろよ。今のお前の姿を見ている目がいっぱいあるぞ」魔力によって生み出されたコピーケラヴノスがエリティアとケラヴノスの性交の有様をじっくりと見つめていて。ケラヴノスはゆっくりと腰を引き、肉棒を先の方を残して抜くと、再び肉棒を突き入れて挿入してしまう。そのピストン運動で膣の形が肉棒によってぐいぐいと抉られていく▽

《エリティア》
【エリティア】「あぁぁ……っ、皆、私を、蔑むような、目でぇ……っ、見て、ますの、私は、恥ずかしい、のにぃっ……♪」頭の中に、仲の良かった友人たち、両親、次々と顔が浮かんでくる。妄想の中の彼らは拘束され自ら腰を振るエリティアに嫌悪の視線を向け、それだけでかっかと余計に身体が火照ってくる。「んあっ、あんっあっあっ♪恥ずかしいっ、のにっ、犯されてるの見られて恥ずかしいのに、気持ちいい、んですのぉっ!!わたくし、きぞくっ、失格、です、わっ、あっあっあっあっ!!♪」妄想と現実の視線が重なり、きゅんきゅんと牝芯を疼かせる。ピストン運動に合わせて腰を振り、愛液をしぶかせ……その姿は、以前本で読んだ、敗北のメイデンの姿そのもの。▽

《GM》
【ケラヴノス】「ふふ、だがエリティアは没落したとは家とは言え、貴族の令嬢だからな。みんなこう言ってるぜ?『貴族の娘なのに性奴隷のように淫らになって』ってな」腰をエリティアの尻に打ち付けるとパンパンと卑猥な音がする。その度に肉棒がエリティアの膣内を抉り、引き抜かれ、再び抉っていく。
【ケラヴノス】「そろそろ、行くぜ…!」ズンッと最後に一突きすると、どっぷりと熱く粘っこい魔族の精をエリティアの膣内に吐き出していく。晒し台に固定されレイプされる様は、戦争に負けた貴族の娘が、戦勝国の市民に乱暴に犯される末路に似ていて…。▽

《エリティア》
【エリティア】「んぁっ、っぁぁぁっ♪もうし、わけっ、ありません、のぉっ!!わたくし、はっ、ガーレット家の、令嬢、なのにぃっ♪ケラヴノスに調教されてぇっ、奴隷にっ、なってしまい、ましたのぉっ!!!」ぐちゅぐちゅと淫らな音を立てて蜜壷を掻き回されながら、妄想の中の友人たちに淫らな謝罪を続け。「あっ、あ、ぁぁぁっ!!出され、ます、のぉっ、ケラヴノスの、精液、ぃぃっ、ひぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ♪♪♪」子宮の奥の奥まで精液で染め上げられ、ガクガクと痙攣しながら絶頂を極め。快楽に蕩けたその表情は、マゾの悦びに塗れていて。▽

《GM》
【ケラヴノス】「ふぅ、気持ちよかったぜ。やりまくってればそのうち子供も出来るかもな。ま、しばらくはエリティアと二人っきりで楽しみてぇから無しだけどな」お尻を軽くペチンと叩き、肉棒を抜かないまま、どくどくと肉棒を脈打たせながら精を吐き出していく。▽

《エリティア》
【エリティア】「はぁ、ぁ、あぁっ……♪わたくし、ぃぃっ、魔族に、犯されて、妊娠、しちゃい、ます、のぉ……っ」終わらない射精と絶頂感の余韻に浸りながら、恍惚の表情を浮かべ。結合部からは溢れた精液がどぶどぶと垂れ落ち、冷たい床を白く染めて。▽

《GM》
【ケラヴノス】「ガキが女だったら、今のエリティアと一緒の格好をさせて並べて犯してやるぜ」冗談のような本気のような言い方をしつつ、肉棒を抜くと、愛液と精が混じり合った液体がどっぷりと太ももを伝って床にこぼれ落ちていく。
【ケラヴノス】「さて、次はどんな格好をさせてやろうかな」エリティアの首の所に行き錠を外すが、口調からしてまだまだ弄ぶことは止めないようで。部屋の周りを見渡し、別のプレイを模索しているようだ。▽

《エリティア》
【エリティア】「ん、ぁ、ぁぁ……っ、すごい、ですの……っ、親子、一緒に、犯されて……」ケラヴノスの言葉に想像を掻き立てられたのだろう、うっとりとその情景を思い浮かべ、とろんと頬を緩ませる。ようやく射精の終わったペニスが引き抜かれれば、どろりと大量の精液が溢れ落ち。「きゃ……っ、まだ、終わりません、の……?」身体を支えていた晒し台の錠が外され、愛液と精液の混じった水溜りにべちゃりと膝をつき。部屋の中を見回し、次の責めを考えるケラヴノスの姿を蕩けた瞳でぼんやりと見上げ。▽

《GM》
【ケラヴノス】「ほう、もう終わらせて欲しいのか?」にやにやと意地悪そうな笑みを浮かべながらエリティアの手を掴むと、引き上げて立たせて。そのまま手を引いて壁際に歩いていく。
【ケラヴノス】「両手をあげな。この瞬間は奴隷から囚われのお姫様にランクアップだ」先日と同じような壁から手枷足枷が伸びており、ケラヴノスの指示に従い人の字に拘束されるであろう。秘部も乳房もケラヴノスの目に晒させた格好となる。▽

《エリティア》
【エリティア】「い、いえ……っ、私は、奴隷、ですもの……選択権なんて、ありません、わ……」それは、遠まわしな更なる陵辱を求める言葉。ケラヴノスに手を引かれ、絶頂したところで上手く力の入らない脚でふらふらと壁際に連れて行かれ。「囚われの、お姫様、です、の………?わかり、ました、わ、貴方がそういう、なら……」素直に両手を挙げ、壁に人の字に磔にされ。つい先ほどイかされたばかりなのに、手足に触れる冷たい拘束具の感触に、再び開発されきった身体は高ぶり始めて。▽

《GM》
【ケラヴノス】「拘束されてまた興奮し始めたか?」全て分かって居るんだぞ、と言いたげな自慢げな笑みを浮かばせ、エリティアの顎を掴むと、そのまま口付けをする。
【ケラヴノス】「ん…くちゅり…んん、ろれ…れろんっ…んっ」舌をエリティアの咥内に滑り込ませ、濃厚なディープキスを、数分に渡り続けてしまう。▽

《エリティア》
【エリティア】「あ……っ、ち、違い、ますわ……っ、そんなはず、ありません、わよ…っ」見透かしたようなケラヴノスの言葉に、どきんと心臓が高鳴る。しかし、今の自分は囚われの姫君……そんな質問に、素直に首を縦に振るわけにはいかない。「ん―――んっ!!ん、ふ、ぅぅ、む、ふぅぅ……っ、ん、ぅ……♪」そして始まる、濃厚なディープキス。最初こそほんの少し抵抗したものの、口内粘膜を擽られる心地よさに、徐々に積極的になり……気付けば、また秘所がじんわりと濡れ始めていて。▽

《GM》
【ケラヴノス】「ふう…素直じゃないのもまた良いな」唇を離すと銀糸の橋が掛かり、熱い口付けを交わしたという証拠を残していく。ケラヴノスは指を鳴らすと、一本の筆を手の中に召還する。
【ケラヴノス】「さて、ちょうど良いキャンパスが目の前にあるからな。何か文字を書いてやろうかな? 希望があるなら言ってみな」エリティアの起伏の少ない胸を『キャンパス』と揶揄しながらも、これが落書きプレイであることは明白であって。どのような文字を書かれたいか、要求をする。▽

《エリティア》
【エリティア】「んっ、ぷぁ―――っ、いきなり、激しいです、の、ね……」ほんのりと紅潮した顔で、唇の間に銀色の糸を伸ばしながら。薄い胸板が上下に動くリズムは、明らかに平常のそれよりも早くなっていて。「キャ、キャンパス……って、馬鹿に、しないでほしいですわ…自分でも、気にしてるの…知ってます、でしょう……!?」これだけ弄られていても、やはりまだ胸のことに触れられるのは恥ずかしいらしく。『囚われのお姫様』というシチュエーションも相まって、強気さを覗かせる瞳でケラヴノスを見やり。▽

《GM》
【ケラヴノス】「まだまだ物足りなかったかな?」エリティアの言葉に笑みを零しながら返して。
【ケラヴノス】「俺はこの貧相な胸が好みなんだがな。で、自分の胸に書かれる言葉は考えたか? 入れ墨のように一生残るもんだと思って考えてみな」焼きごてや入れ墨を入れることも考えたが、肌を傷つけるのは好きではないという独断で却下をした。乳房を左手でさわさわと撫でさすりながら、エリティアの言葉を待つ。▽

《エリティア》
【エリティア】「そ、そんな、こと……っ、ありま、せん、わ……」言葉ではそう否定するが、早鐘を打つ心臓と紅潮した肌が、それが偽りであることを何よりも雄弁に語っていて。完全に見透かされている、という事実が心の奥のマゾ性を刺激して……「ひぁっ、ぃん……っ!!♪貧相、だなんて、言わないでほしい、ですわぁ……っ、それに、身体に文字を描く、なん、てぇ……」軽く胸を触られただけで、ヒクヒクっと身体が疼き。執拗に描かれる言葉を要求され、いろいろな妄想が頭の中を駆け巡り。「……永遠に、貴方の、モノ……です、わ……」しばらく迷った後、視線を伏せて恥ずかしそうにぼそりと呟き。▽

《GM》
【ケラヴノス】「身体に文字を描くなんて…『玩具に自分の名前を入れるようだ』とでも言いたいのかな?」息も掛かりそうな耳元でぼそり、と小声で囁く。
【ケラヴノス】「良く聞こえなかったな。もう少しはっきりと言ってくれると嬉しいんだがな」当然のごとく耳には入っているのだが、エリティアの恥ずかしそうな態度に意地悪をして大きな声で再度言わせようとする。▽

《エリティア》
【エリティア】「ち、がい、ますわぁっ……そんな、ところで、息を……っ」ふっ、と耳元にかかる吐息に肌がゾクリと粟立ち。それだけで身体の芯はかっかと火照ってしまうのだが、あくまでそれを認めようとはしない。「う、うぅっ……!!え、『永遠に、貴方のモノ』、です、わぁっ……!!」ケラヴノスが意地悪で言っているのはよくわかるけれど、言わずに許してくれるような相手でもないことも同時によく分かっている。自分からはしたない懇願をすることへの羞恥と、それに倍する欲情……それらがない交ぜになって、ただでさえ紅潮した肌をより赤く染めて。▽

《GM》
【ケラヴノス】「ほう、エリティアは耳も弱いのか。後で可愛がってやろう」息を吹きかけるとゾクゾクと震えるエリティアににやついた笑みを浮かばせて。
【ケラヴノス】「『貴方の』じゃ今ひとつわかりにくいな。『永遠にケラヴノスのモノ』にするか」言うと筆を走らせ、エリティアの平らな胸に黒い墨で文字を描いていく。『永遠にケラヴノスのモノ』。対面にある鏡に映ったエリティアの胸には、確かにそう描かれてしまっていた。▽

《エリティア》
【エリティア】「んぁっ、んあぁ……っ!!筆、がぁっ、くすぐったくて、ゾクゾクしますのぉ……!」胸板をなぞる筆先の感触にはしたなく身体をくねらせ、湿った吐息を漏らし。「はぁっ、はぁっ…・わたくし、っ、本当に、ケラヴノスの物、ですのね……」身体に刻まれた隷属の刻印が鏡に映し出され、否応なく見せ付けられる奴隷としての現実。それを目の前にするだけで、マゾの快楽を叩き込まれた肉体は先程達したばかりだというのに甘く火照り、意思とは関係なく秘所を濡らしてしまう。▽

《GM》
【ケラヴノス】「ほう、こう言うのも好みか?」墨の付いていない筆に取り替えると、乳首や脇、首筋などをくすぐるように筆を走らせる。
【ケラヴノス】「自分の身体を他人の所有物にされた割には嬉しそうじゃないか。これからもまだまだたっぷりと弄ばされるのにな」指先を、先ほどから触れてないのに濡れそぼっている秘所に入れると、くちゅりと卑猥な音を立てさせる。▽

《エリティア》
【エリティア】「はぁぁんっ!?だ、めですのぉっ、それ、感じすぎて、ひゃぅぅっ!!」毛羽立った乾いた毛が敏感なところを刺激し、拘束された身体をくねらせて甘い声を上げる。「誰の、せい、ですのよ、っっ?♪♪っ、ぁ、なか、いじられて、ぇぇっ!」抗議する暇もなく、濡れそぼった膣内を直接掻き回される心地よさに身体を軽く反らせ。膣壁がもっともっととねだるように、ケラヴノスの指を締め付ける。▽

《GM》
【ケラヴノス】「ほう、これはこれは良いことを知ったな。お前を弄ぶ術がもう一つ増えたぞ」筆で弱いところを嬲られ悶えるエリティアを見て、にやにやと嬉しそうな笑みを浮かべる。
【ケラヴノス】「もちろん、俺の調教の結果だな。ほら、お姫様の化けの皮が剥がれてきているぞ? 犯されて中だしされるまでぐらいは堪えてみたらどうだ?」そう言いながらも秘所を嬲る指先は止まらず、なおも激しく秘所を弄り卑猥な音を奏でさせ続ける。▽

《エリティア》
【エリティア】「こ、こんなもの、っ、誰だって、耐えられるはず、ありません、わよぉ……」ニヤニヤと楽しそうに笑みを浮かべるケラヴノスの顔を見て、自分の晒した痴態に気づき。頬を赤く染め、俯きながらぼそりと言い訳を。「あ、っ、あっあっ!?化けの皮、なんっ、て、へぇっ!♪♪止めて、止めなさ、っひゃぁぁぁっ!?」息も付けない指先の責めにはしたなく鳴かされ、ビクビクと震える身体。溢れた愛液がケラヴノスの手をべっとりと汚し、時折潮を吹くように飛沫が舞って。▽

《GM》
【ケラヴノス】「他に耐えれる奴が居たとしても、お前に有効なんだから問題ないな」ぼそぼと言い訳をするエリティアに笑いながら言うと、軽く啄むような口付けをして。
【ケラヴノス】「仕方ないな。それじゃあトドメを刺してやるぜ」指先を抜くと、ガチガチに堅くなった肉棒を取り出す。先ほどの挿入で愛液塗れになったそれを、再びエリティアの膣内の最奥まで挿入させてしまう。▽

《エリティア》
【エリティア】「――ひ、んっ!!♪ず、るいっ、です、わぁ……」拘束され、嬲られたエリティアの身体はもう軽いキスだけで感じてしまうほど敏感になってしまっていて。「っ、っ、ぁぁ……っ、――――っ!!!!♪♪っ、ぁ、あぁっ、また、大きいの、はいっちゃい、ました、のぉっ……!♪」剛直を蜜壷に押し込まれた、それだけで軽く絶頂に達し。下半身から甘く湧き上がる快感に、囚われのお姫様であるはずの自分自身が、ぐずぐずに蕩けていく。▽

《GM》
【ケラヴノス】「何もずるくねぇぜ? あぁ、また入ったぜ。メイデンが嫌がるはずの魔族の肉棒が奥までな」ぐいぐいっと突き上げると身長差のためエリティアの身体が浮くほど突き上げられて。その合間も空いてる手で乳首をくにくにとこねくり回して。▽

《エリティア》
【エリティア】「ひぁっ、あっあっあっあっ!!!♪♪わた、くしっ、魔族に、犯されて、感じて、ますのぉっ、姫、なのにぃっ、堕とされて、ますのっ!♪っひ、ふぁぁぁっ!ちくびっ、は、よわいんですのぉっ、ぁぁっ♪」自分の言葉で自分を貶めながら、与えられる快楽に溺れることしかできない。カチカチに勃起した乳首を捏ねられるたび、弾ける快感に全身が電流を流されたように痙攣し、ペニスをきつく締め付けて。▽

《GM》
【ケラヴノス】「あぁ、そうだ。感じてしまえ、俺のお姫様」エリティア自身が弱いと言ってしまった乳首をぐいぐいと強めにこねくり回しながら腰を激しく上下し、最後にズンッと一突きすると精をどっぷりとエリティアの膣内に吐き出していく。▽

《エリティア》
【エリティア】「あ、あっ、またっ、また、ぁぁっ!!♪イかされっ、ますのぉっ、魔族にイかされて、堕ちてしまい、ますの、ぉぉぉぉぉぉぉっ!!!♪♪」早まるピストンと、的確に弱いところを弄ってくる淫らな指先。強すぎる快感が頭の中を真っ白に融かし、エリティアらしくない緩みきった表情を浮かべ、種付け絶頂の快楽にはしたなく鳴かされて……どぶどぶと溢れる大量の精液に混じり、ぷしっ、と潮が飛沫を上げて。▽

《GM》
【ケラヴノス】「ふう、気持ちよかったぜ。さて、そろそろ休憩するかな。俺も色々やることあるしな」ずぶり、と音を立てて肉棒を抜くと、どぷっと精がエリティアの秘所からこぼれ落ちてしまう。
【ケラヴノス】「お前はどうする? 手錠や足枷を外してやってもいいが?」にやにやっと意地悪い笑みを浮かべながら言う。『その格好のまま放置させても良いんだぜ』と言外に言っているわけで。▽

《エリティア》
【エリティア】「はーっ、はーっ………♪すご、い、です、わぁ……こんな、はぁ……♪」激しすぎる絶頂の余韻に恍惚としながら、ぼんやりとケラヴノスの言葉を聴く。……とは言うものの、まだ満足に返事もできないが。「……っ、は、はずして、ほしいに、きまってます、わ、ずっとこのまま、なんて……」ケラヴノスから答えを求められ、荒く息をつきながらやっとという風に答え……だが、ずっとこのまま、という状況を想像すれば、かぁっと頬が赤くなってしまう。▽

《GM》
【ケラヴノス】「それじゃあ、このままにしておいてやろう。そうそう、俺の部屋への直結する撮影機も用意しておこうか」パチンっと指を鳴らすと、エリティアの目の前に撮影機が現れ、無機質なレンズがエリティアの肢体を余すことなく撮影していく。
【ケラヴノス】「では、少しだけ席を外すぜ。まぁ、すぐに戻るけどな」エリティアの頭を撫でる代わりに、乳首をくにくにっと指先で弄って。▽

《エリティア》
【エリティア】「だ、誰もそんなこと、頼んでませんわよ、………っ!?い、嫌ですわっ!こんな、撮られて、なんて……っ!!」自身のはしたない姿を余すところ無く捉えるカメラが目の前に置かれ、恥ずかしさに顔を真っ赤にしてかぶりを振り。「せ、席を外す……って、私はどうすれば、っひゃぅんっ!?」敏感な乳首に触れる手に弄ばれ、結局話も出来ずに部屋を出て行くケラヴノス。残ったのは、身動きの取れないエリティアと無機質なカメラだけ……こちらに向けられるレンズの視線を意識すれば、誰もいないのにかぁっと身体が熱くなってしまって。▽

《GM》
【ケラヴノス】「『永遠にケラヴノスのモノ』って文字もきっかり撮影できるな。それじゃあ、席を外すぜ。お前はのんびりと羽根でも伸ばせばいいんじゃないか?」もちろん拘束されて陵辱された裸を晒したままで、心も体もどこまで休まるモノかは知らないが。
【ケラヴノス】「そうそう、エリティア。愛してるぜ」エリティアに口付けをすると、背を向けてワープで消えていってしまう。▽

《エリティア》
【エリティア】「――――っ!!……やっぱり、ずるい、ですわ……」去り際の一言に、今までとは少し違う頬の紅潮。どきどき、と心臓が高鳴ってしまうのを感じて。「………帰って、きませんの……」そのまま放置され、ただ無情に回り続けるカメラ。落ち着かないといけない、そう思えば思うほど、かっかと身体の芯が火照るようで。▽

《GM》
その後、10分だろうか、1時間だろうか、6時間だろうか。時計も窓もないこの部屋で、ケラヴノスが帰ってくるまで、無機質のカメラ、そしてその向こうに居るはずのケラヴノスに見つめられて悶々とする時間が続くのであった。
そして、ケラヴノスが帰ってきた後は、陵辱と称した愛をたっぷりと受けるのであった。▽


《GM》
と言ったところでおしまいです。
お疲れ様でした~

《エリティア》
お疲れ様でした、ありがとうございましたー

《GM》
こちらこそ長い間お付き合いありがとうございます
如何でしたか?

《エリティア》
しっかり楽しめましたよー、こういうキャラ使うの初めてでしたしっ

《GM》
こちらもたっぷりと楽しませていただきましたw 反抗心ありつつも身悶えてくれる子はいいですねw

《エリティア》
まあコンセプトがそういう子でしたしね!これで正式に引退になって、まあちょっと寂しいような

《GM》
CCで続きをやればいいんですよw ついこの間も引退した子のCCをやったりしましたしw

《エリティア》
ああ、そうですねーwそのときは是非によろしく!